주요 기사 바로가기

少女時代・KARA…K-POPファンダムの始まり、第2世代アイドルが相次ぎカムバック

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.20 08:45
0
K-POPグローバルファンダムのの始まりとなった第2世代アイドルが大勢戻ってきた。

少女時代、Nobody、KARA、BIGBANG、SUPER JUNIOR、東方神起など2000年代中盤から2010年代初期まで活躍した第2世代アイドルはH.O.T.、SECHSKIES(ジェクスキス)、god、S.E.S.、Fin.K.L.など第1世代アイドルのバトンを受けてK-POPを世界的に広める糸口の役割を果たした。

そのような第2世代アイドルが3世代〔BTS(防弾少年団)、EXO、TWICE(トゥワイス)、BLACKPINK(ブラックピンク)〕と第4世代〔aespa(エスパ)、IVE(アイブ)、ENHYPEN(エンハイプン)〕アイドルなど後輩が牛耳っている音楽界に挑戦状を突き付けたわけだ。少女時代、SUPER JUNIORのようにメンバーが全員揃ってグループとして復帰するかと思えば、元Wonder Girls(ワンダーガールス)のソネ、元KARAのニコルなどソロとして活動を再開する場合も多い。

2005年デビューして今年デビュー17年目を迎えたSUPER JUNIORは12日、11thアルバム『The Road : Keep on Going』を発売した後、「SUPER SHOW 9」コンサートを盛況裡に終わらせ、2007年デビューした15年目を迎えた少女時代は8月中に7thアルバムをリリースして8月末SM TOWNのコンサート舞台に立つ。

2007年JYPでデビューして『Tell me』『So Hot』『Nobody』(2008)で大きな人気を得たWonder Girlsメンバーもソロでカムバックする。2013年結婚以降芸能界を離れて昨年Mnet『ママはアイドル』で大衆の前に登場したワンダーガールスのリーダー・ソネは19日午後、シングル『Glass Heart』をはじめ、26日初めてのソロアルバムを発売する。9年ぶりの活動復帰だ。ソンミは先月『Heart Burn』を発表した。

そのほか、元KARA(2007年デビュー)のニコル、元4minute(2009年デビュー)のヒョナ、元SISTAR(2010年デビュー)のヒョリンもソロでカムバックする。ヒョリンは18日、3thミニアルバム『iCE』を発売し、ニコルは27日新曲を発表して8年ぶりに復帰する予定だ。グループ解散以降、ミュージカル・演技・バラエティなどに本業を移し、現役K-POP歌手として残った場合がほとんどない第1世代アイドルに対比される地点だ。

彼らが長い時間ファンダムを維持して現役として復帰できるのは、「ガールズグループ全盛期」と呼ばれた2008年~2010年代初期の影響が大きい。音楽評論家のイム・ジンモ氏は「当時は全国民がガールズグループメンバーの名前を知っていた」として「2008年少女時代、Wonder Girls、2NE1を基点に爆発したガールズグループ全盛期を記憶するファンダムが30・40世代になり、世代を超越して掌握力を維持できるだろう」と指摘した。

少女時代・SUPER JUNIOR以降多様化し大きくなったK-POPファンダムも第2世代アイドルを召還した土壌になった。かつての「韓流」を超えて「K-POP」という言葉を全世界に拡大させたのも、国内で「10代中心の音楽」と知らされていたK-POPファン層を30代以上に拡張させたのも第2世代アイドルだ。

イム・ジンモ氏は「第1世代アイドルは頂点を過ぎてから市場に定着することができなかったが、第2世代からK-POP市場が海外に広がり市場に安定的に吸収された」と説明し、評論家キム・ソンス氏は「当時『88万ウォン世代』という談論など社会が不安定だった時代にK-POPを聞いて癒やされた多くの若年層が第2世代アイドルのファンになり、彼らがまだ需要層として残り第2世代アイドルのカムバックの土台になった」と説明した。

一部の第1世代アイドルと契約関連で対立していた企画事務所がその後契約の形態を整備して改善したのが第2世代アイドルの生命力を延長させた要因という分析もある。キム・ソンス氏は「第2世代アイドルは第1世代アイドルに比べて契約条件が比較的に整頓され、様々な個別活動を認めながら個人ファンダムも増やすことができた」とし「ファンダムとアーティストの間に所属事務所の介入が減り、ファンダムの愛着をより高めた戦略も奏功した」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    少女時代・KARA…K-POPファンダムの始まり、第2世代アイドルが相次ぎカムバック

    2022.07.20 08:45
    뉴스 메뉴 보기
    少女時代[写真 SMエンターテインメント]
    TOP