주요 기사 바로가기

<野球>大谷、「WBCに出場したい」意志明らかに…韓日戦の正面対決に関心

ⓒ 中央日報日本語版2022.07.19 15:24
0
大谷翔平(LAエンゼルス)が2023ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への出場意志を表明した。

日本メディア「Full-Count(フルカウント)」は19日(日本時間)、「大谷は来春に行われる第5回WBCへの出場を希望している」と報じた。この日、メジャーリーグ(MLB)オールスターホームランダービーに先立ち取材陣と会った大谷は「出たい気持ちはもちろんある」とし、日本代表チーム合流を希望した。

日本は来年WBCで韓国・オーストラリア・中国などの予選通過チームとともにプールBに属している。特に1次ラウンドから韓国と正面対決が予定されていてさらに大きな関心が集まっている。

日本代表チームの最も大きな関心事は大谷が合流するかどうかだ。「二刀流」が可能な大谷が合流すれば投打で大きな戦力向上が期待できるためだ。

大谷は昨シーズン投手として23試合に先発登板して9勝2敗、防御率3.18を、打者として158試合に出場して打率2割5分7厘、46本塁打、100打点、103得点、26盗塁、OPS(出塁率+長打率)0.964をマークした。シーズン終了後、アメリカンリーグ「満場一致MVP」をはじめ数多くの賞を受賞して2021年を文字通り「オータニイヤー」にした。

今年も投打で活躍を続けている大谷は投手として15試合に出場して9勝4敗防御率2.38を、打者としては89試合で打率2割5分8厘、19本塁打、10盗塁、OPS 0.834の好成績で前半期を終えた。大谷が代表チームに合流すれば韓国と7年ぶりに再会することになる。大谷は2015年プレミア12で韓国に対して2回先発登板して圧倒的なピッチングを誇っていた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <野球>大谷、「WBCに出場したい」意志明らかに…韓日戦の正面対決に関心

    2022.07.19 15:24
    뉴스 메뉴 보기
    プレミア12当時の日本代表の大谷翔平
    TOP