주요 기사 바로가기

<走り高跳び>ウ・サンヒョク、韓国人として世界初の世界陸上選手権銀メダル

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.19 14:36
0
「スマイルジャンパー」ウ・サンヒョク(26、国軍体育部隊)が韓国陸上の歴史に新たな一章を書き加えた。韓国人として初めて世界選手権銀メダルを獲得した。

ウ・サンヒョクは19日(日本時間)、米国オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで開かれた2022世界陸上選手権男子走り高跳び決選で2メートル35を跳んだ。ウ・サンヒョクは東京オリンピック(五輪)金メダリストであるムタズ・エサ・バルシム(31・カタール)に続いて2位に入った。2メートル37を成功させたバルシムは大会3連覇を達成した。

世界選手権でメダルを獲得した韓国人選手は競歩のキム・ヒョンソプだけだ。キム・ヒョンソプは2011年大邸(テグ)大会男子20キロメートル競歩で、6位で決勝線を通過した。その後ドーピング再検査で3人に陽性反応があり、2019年にかなり遅れて銅メダルを首にかけた。このためウ・サンヒョクは韓国人選手として初めて授賞台に上がることになった。

ウ・サンヒョクは選手紹介を受けた時、挙手敬礼をしながら入場した。予選でノーミスで2メートル28まで通過したウ・サンヒョクは決選でも成功の勢いをキープした。1回目には2メートル19を越えた。決選に出た13人のうち12人は2メートル19を越えた。ウ・サンヒョクは2メートル24と2メートル27も1回で越えた。

2メートル30に挑戦したウ・サンヒョクは観衆の拍手を誘導した。気合いを入れて走り込んだウ・サンヒョクは今回も余裕で成功した。腕組みをして見下ろすパフォーマンスも見せた。ウ・サンヒョクは5位を確保し、イ・ジンヒョクが記録した歴代最高順位(1999年)も越えた。

2メートル30まで1回で成功した選手はウ・サンヒョクとバルシム、シェルビー・マキューエン(26・米国)だけだった。バルシムと共に東京五輪で共同金メダルを獲得したジャンマルコ・タンベリ(30・イタリア)は試技3回の末に辛うじて成功した。

ウ・サンヒョクは2メートル33を1回の試技で越えることができなかった。今大会に入って最初のミス。2回目ではもう少し良いリズムで跳躍したが足がひっかかった。だが危機を克服した。3回目で成功した後、歓声をあげた。

ウ・サンヒョクは2メートル35でも1回目で成功させることができなかった。上体は通過したが左の太ももがバーに触れた。しかし2度目の失敗はなかった。ユニークなダンスとあわせて腕の筋肉を誇るパフォーマンスも見せた。タンベリが3回とも失敗してウ・サンヒョクは銅メダルを確保した。

ウ・サンヒョクは2メートル37に初挑戦して失敗した。続いて2メートル35を2回失敗した後に越えたアンドリー・プロツェンコ(34・ウクライナ)も1回目の試技で失敗してバルシムとウ・サンヒョクの一騎打ちとなった。バルシムは2メートル37も1回で越えた。

ウ・サンヒョクは逆転のためにすぐに2m39までバーを引き上げた。自分の身長(188センチ)より51センチも高い、一度もやったことのない挑戦。しかし2回とも越えることができず、史上51人目の「50クラブ」(身長よりも50センチ以上高いバーを越えること)への挑戦に失敗した。ウ・サンヒョクは微笑を浮かべて挙手敬礼をした。

ウ・サンヒョクが歩く道は韓国陸上の歴史だ。昨年2020東京五輪で2メートル35の韓国記録を打ち立ててトラック・フィールド歴代最高の4位に入った。今年2月、チェコの・フストペチェで開かれた世界陸上連盟室内ツアー競技で2メートル36を越えた。3月ベオグラード世界室内陸上選手権(2メートル34)では韓国人選手初の優勝に輝いた。世界最高の選手が招待されるダイヤモンドリーグでも2メートル33を越えて金メダルを獲得した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <走り高跳び>ウ・サンヒョク、韓国人として世界初の世界陸上選手権銀メダル

    2022.07.19 14:36
    뉴스 메뉴 보기
    ウ・サンヒョク
    TOP