주요 기사 바로가기

安倍銃撃犯は引きこもり…統一協会側「容疑者は信者ではない、母親は月1回の頻度で行事に参加」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.12 07:29
0
宗教団体「世界平和統一家庭連合」(統一協会)は11日に声明を出して「安倍晋三元首相に銃撃を加えた山上徹也容疑者(41)の母親は月1回の頻度で教会の行事に参加してきた」とし「山上本人は信者ではなくて加入記録もない」と明らかにした。統一協会側は日本支部がこの日午後、東京の京王プラザホテルで記者会見を行い、このように明らかにしたと伝えた。

日本支部の田中富広会長は「(山上容疑者の)お母さんは98年ごろに教会員になってしばらく出てこなかったが、2~3年前から再び再び接点を持ち、最近半年の間に月1回ほどの頻度で行事に参加していた」と明らかにした。田中会長は山上容疑者の家庭が破産していたことを知っていたとしながらも、破産後も教団側が献金を要求したかどうかについては「記録が残っていない」と答えた。田中会長は「容疑者の犯行動機や献金問題は警察が捜査中なのでと言及を避ける」とし「警察要請があれば全面的に捜査に協力する」と述べた。

山上容疑者は最近、警察の取り調べで「母親が信者で、多額の寄付をさせて家を破産させたある宗教団体の幹部を殺害しようとしたが、うまくいかず安倍元首相を狙った」と供述しているという。これに先立ち、時事週刊誌「週刊現代」は山上容疑者の犯行動機に関連し、安倍氏の映像メッセージを取り上げた。このメッセージは昨年9月、統一協会関連団体である天宙平和連合(UPF)が共同で主催した「シンクタンク2022希望前進大会」で上映された。田中会長はこれに関連して「安倍氏元首相は友好団体にメッセージを送っただけで信者ではない」と話した。

統一教側は「家庭連合に映像演説を送ったという理由で安倍元首相を犯行の対象としたという主張は理解できず、司法機関で動機が明確に調査されると予想する」と付け加えた。

ロイター通信は「山上容疑者は経済的困難から奈良県の家賃3万5000円程度の小さなアパートで生活してきた」とし「1人ぼっちのように過ごし、近所の人が話しかけても答えなかった」と伝えた。山上容疑者は1年6カ月ほど、倉庫でフォークリフトを使って荷物を運ぶ仕事をしていたが今年5月に辞めている。同僚は「彼は暴力的な姿は見せていないが、車の中で1人で昼食を食べ、親しく過ごした人はいなかったようだ」と伝えた。

米国インターネットメディア「ディプロマット(The Diplomat)」は10日、政界最高位級の要人が殺害された点が照明を浴びているが今回の事件が日本社会の根深い問題である「引きこもり」と無関係ではないと指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    安倍銃撃犯は引きこもり…統一協会側「容疑者は信者ではない、母親は月1回の頻度で行事に参加」

    2022.07.12 07:29
    뉴스 메뉴 보기
    山上徹也容疑者
    TOP