주요 기사 바로가기

<WBC>2006年3回、2009年5回…来年「韓日戦」の回数

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.11 10:15
0
2023ワールドベースボールクラシック(WBC)で14年ぶりに韓日戦が実現する。世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は8日(日本時間)、第5回WBC本大会第1ラウンドの組み合わせを発表したが、韓国は日本・オーストラリア・中国・予選通過国と同じB組に含まれた。第1ラウンドB組の試合は来年3月10日から14日まで日本東京ドームで開催される。韓国と日本がWBCの舞台でぶつかるのは2009年第2回大会の決勝戦以来となる。当時、韓国は延長10回、3-5で敗れて準優勝した。その後、2013年、2017年のWBCにも出場したが、第1ラウンドで敗退して日本との対戦はなかった。

今大会は新型コロナの影響で2年延期され、来年3月に開催されることになった。大会の成績で決定した16カ国と各地域予選を通じて進出する4カ国が本大会のラウンドを行う。A組は台湾・キューバ・イタリア・オランダ・予選通過国、C組は米国・カナダ・メキシコ・コロンビア・予選通過国、D組はプエルトリコ・ベネズエラ・イスラエル・ドミニカ共和国・予選通過チームで構成された。第1ラウンドの各組1・2位が8強に進出し、その後は決勝トーナメント形式で優勝を決める。

WBCは世界的に最も地位が高い野球の国家対抗戦だ。メジャーリーグ(MLB)事務局の主導でスタートした大会であるため、唯一、現役メジャーリーガーを含む世界プロリーグ選手が参加する。2006年に始まって以降、事実上、野球種目の世界選手権のような役割をしている。実際、野球ワールドカップ(W杯)が廃止された2013年の第3回大会からはWBC優勝国に「国際野球連盟(IBAF)チャンピオンシップ」のタイトルが与えられる。

韓国は2006年の最初の大会でメジャーリーガーが並ぶ強豪に次々と勝利し、4強入りする神話を築いた。KBOリーグを代表する選手らはもちろん、海外組の朴賛浩(パク・チャンホ)、徐在応(ソ・ジェウン)、崔熙燮(チェ・ヒソプ)、金炳賢(キム・ビョンヒョン)、李承ヨプ(イ・スンヨプ)まで総出動し、歴代最も華麗な代表チームを構成した。

特に李承ヨプは日本との第1ラウンドの最初の対決で1-2とリードされた8回一死一塁で逆転決勝2ランを打ち、「国民打者」に定着した。日本との第2ラウンドの再戦では主将・李鍾範(イ・ジョンボム)が0-0の8回一死二、三塁から決勝2打点二塁打を放った。当時の日本最高の抑え投手、藤川球児からの決勝打だった。2回の韓日戦でダイビングキャッチとレーザー送球で失点を防いだ李晋ヨン(イ・ジンヨン)は「国民右翼手」と呼ばれた。

2009年第2回大会では韓国が4強を越えて決勝に進出した。韓国がした9試合のうち5試合が韓日戦だった。最初の大会で興行の威力を把握した組織委員会が最大限に両国が対戦するよう競技方式を変えたからだ。

韓国は第1ラウンドの第1戦に「日本キラー」金広鉉(キム・グァンヒョン)を先発に送りだしたが、日本の顕微鏡分析に完敗した。2-14で7回コールド負けを喫した。しかし第1ラウンドの決勝戦では奉重根(ボン・ジュングン)、鄭現旭(チョン・ヒョンウク)、柳賢振(リュ・ヒョンジン)、林昌勇(イム・チャンヨン)の無失点継投と金泰均(キム・テギュン)の決勝タイムリで1-0で勝利した。

最後の対決だった決勝戦も激戦だった。1-2とリードされた9回裏二死、一、二塁の場面で李ボム浩(イ・ボムホ)が日本最高の投手ダルビッシュ有から同点タイムリーを放った。二塁走者の李鍾旭(イ・ジョンウク)がスライディングでホームに生還した瞬間、大韓民国全体が歓声に包まれた。延長戦で敗れたものの、韓国野球の底力を見せた試合だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <WBC>2006年3回、2009年5回…来年「韓日戦」の回数

    2022.07.11 10:15
    뉴스 메뉴 보기
    2006年WBC第1ラウンドの韓日戦で8回に逆転2ランを放った李承ヨプ(イ・スンヨプ)。 [中央フォト]
    TOP