주요 기사 바로가기

安倍元首相死亡の衝撃どれだけ大きかったか…「94歳の母は錯乱状態」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.10 10:27
0
安倍晋三元首相が遊説中に銃撃されたという知らせに彼の母である安倍洋子氏が錯乱しているとの報道が出てきた。

週刊現代が8日に伝えたところによると、ある自民党議員は「心配なのは94歳になる安倍さんの母・洋子さんの心境です。関係者によると、錯乱しているという話もある」と伝えた。

日本政界の「ゴッドマザー」と呼ばれる洋子氏は岸信介元首相の娘で佐藤栄作元首相のめいに当たる。安倍晋太郎元外相と1951年に結婚し3人の息子をもうけた。このうちの二男が安倍元首相だ。

安倍元首相は先月14日に洋子氏の94歳の誕生日を迎え東京の自宅で兄弟らとともに祝賀パーティーを開いたりもした。この会には洋子氏の長男の安倍寛信氏(元三菱商事執行役員)と三男の岸信夫防衛相も参加した。

一方、安倍元首相は参議院選挙を2日前にした8日午前11時30分ごろ奈良県奈良市の大和西大寺駅前で演説をしていたところ41歳の男に銃撃され倒れた。病院に運ばれたが同日午後5時3分に過多出血で死亡した。山上徹也容疑者は殺人未遂容疑で現場で逮捕された。安倍元首相の葬儀は12日に近親者のみ参加する方向で行われると発表された。

岸防衛相は記者会見を行い、「今回の安倍元首相に対する銃撃は民主主義に対する冒とく。犯人のバックグラウンドがどうあっても許されることではない」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP