주요 기사 바로가기

ベトナム市場で韓国の最大ライバルは日本

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.07 15:59
0
ベトナム市場で韓国の最大のライバルは日本であることが分かった。

韓国貿易協会ホーチミン支部が5月、ベトナムのバイヤーと一般消費者956人を対象に「韓国および韓国商品に関する認識調査」を実施した結果、回答者の80.3%が「韓国商品の競争力が高まっている」と評価した。

韓国の商品に代わる競争国を問う質問では「日本」(70%、複数回答)を最も多く、米国(26%)、中国(20.7%)が後に続いた。2018年の調査で1位だった中国は、当時2位だった日本のほか、米国にも抜かれて3位に落ちた。

報告書は「ベトナムの所得水準が高まり、価格よりも品質を見て製品を購入する消費者が増えたうえ、低価格の中国商品に対する不信感が広がったのが主な原因」と分析した。

「韓国」という国家ブランドパワーについては「パンデミック以降ブランドパワーが強化した」(52.4%)という回答が半分を超えた。「低下した」という回答は6.2%にすぎなかった。

国家ブランドパワーの強化要因には「Kコンテンツの拡散」(46.3%)が最も多く、「防疫および信頼のイメージ強化」(17.8%)、「韓国企業の発展」(15.4%)が後に続いた。

貿易協会のイ・ドンウォン・ホーチミン支部長は「ベトナムでは韓国のブランドパワーは日々良くなっていて、優秀な品質と洗練されたデザインで韓国商品の競争力も強化されている」とし「韓国企業は有望品目を中心に日本商品との差別化戦略、価格競争力の強化を通じてベトナム市場を攻略するのがよい」と助言した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ベトナム市場で韓国の最大ライバルは日本

    2022.07.07 15:59
    뉴스 메뉴 보기
    ベトナム
    TOP