주요 기사 바로가기

中国、コロナ陰性の市民に刻印…「家畜扱いか」不満に謝罪

ⓒ 中央日報日本語版2022.07.07 15:44
0
中国のある新型コロナ検査所で陰性結果が出てきた市民の手の甲に確認印鑑を押して「人格冒とく」問題に発展した。

今月5日、微博には江蘇省無錫に住む住民Aさんから投稿があった。この日、梁渓区に位置した保健所で新型コロナ検査を受けたAさんは「陰性結果が出てきたが、これを捺して3日間消すなと言った。どういうつもりなのか」とし「他の方法でできないのか」と吐露した。刻印はAさんの手の甲の半分ほどを占める大きさで、「医療機関専用」などと書かれている。

このような事実が伝えられると、微博には家畜屠殺場の検疫確認印を連想させるとし、人を動物扱いしたという批判が次々と書き込まれた。防疫当局は翌6日、保健所内が混雑するのを避けるための方法だったと説明した。地域保健センターは謝罪文を通じて「職員が業務を処理しやすくしようとして不快な思いをさせてしまった」とし「適切ではない方法を選択して申し訳ない。再びこのようなことが発生しないようにする」と謝罪した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国、コロナ陰性の市民に刻印…「家畜扱いか」不満に謝罪

    2022.07.07 15:44
    뉴스 메뉴 보기
    手の甲にコロナ陰性の刻印を押された市民[写真 微博]
    TOP