주요 기사 바로가기

IMF総裁「世界景気低迷の可能性排除できない…近く成長見通し引き下げ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.07 10:05
0
国際通貨基金(IMF)のゲオルギエバ総裁は6日、世界的な景気低迷の可能性を排除できないと話した。4月以降世界経済見通しが非常に暗くなり、リスクが大きくなっているとしながらだ。今月末に発表する世界経済成長見通しを下方修正する計画だと予告した。

ゲオルギエバ総裁はこの日ロイター通信とのインタビューで、インフレ拡散、実質的な金利引き上げ、中国の経済成長鈍化、ウクライナを侵攻したロシアに対する制裁強化に言及し、「4月最後の更新以降経済見通しが非常に暗くなった」と話した。

ゲオルギエバ総裁は「われわれは波が激しい海にいる」と表現した。世界的な景気低迷を排除できるかという質問には「リスクが大きくなったため排除することはできない」と答えた。

IMFは今月末に2022年と2023年の世界経済成長見通しを新たに発表する。ゲオルギエバ総裁はIMFが4月に3.6%と予想した今年の世界経済成長見通しを再度下方修正すると明らかにした。IMFのエコノミストが新たな数値調整作業を終えていると説明した。

今年に入り3回連続の下方修正になる。IMFは昨年10月に今年の世界経済が4.9%成長すると予想した後、今年1月に数値を4.4%に引き下げた。4月の発表時は1月の4.4%より0.8ポイント低い3.6%と予想した。

ゲオルギエバ総裁は中国とロシアを含む一部大国の経済が4-6月期に縮小したと伝えながら来年にはリスクが一層高まると予想した。ゲオルギエバ総裁は「2022年は大変な年になるだろうが、2023年はさらに厳しい年になるだろう。2023年の景気低迷リスクはさらに大きくなった」と話した。

ゲオルギエバ総裁は金融緊縮が長期化すれば世界経済見通しがさらに複雑になるだろうが高騰する物価を抑制することが重要だと明らかにした。また、インフレを抑える喫緊で切迫した必要性を考慮すると経済成長の鈍化は「払わなければならない代償」になりうると話した。

米連邦準備制度理事会(FRB)は先月政策金利を28年ぶりの最大幅となる0.75%引き上げた。FRBのパウエル議長は当時、FRBは景気低迷を誘導するのではなく景気低迷のリスクを甘受してでも物価を統制するために最善を尽くすと話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP