주요 기사 바로가기

韓国専門家「コロナ流行第6波が始まった…来月一日感染者10万人になる場合も」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.07 08:48
0
韓国では新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の新規感染者が2万人に迫り、約1カ月ぶりに最多を記録した。「第6次が始まった」という専門家の診断が出てくる中で、韓国政府は「明確な増加に転じた」としつつも再流行に対しては推移をもう少し見守らなければなければならないと評価した。流行のたびに病床大乱が起きて被害が集中した妊婦と小児患者、透析患者用の特殊病床を確保し、救急室の場合、一般隔離病床でも感染者を治療することができるようにすると明らかにした。

6日、新規感染者は1万9371人発生し、5月25日(2万3945人)以降、42日ぶりに最多となった。1週間前(6月29日、1万454人)の1.85倍に増え、2週間前(6月22日、8978人)と比較しても2.15倍多い。重篤患者(61人)と死亡者(7人)も小幅で増加している。50人前後で推移していた入院患者も109人になった。

高麗(コリョ)大学九老(クロ)病院感染内科の金宇柱(キム・ウジュ)教授は「BA.5などの変異株流行とソーシャルディスタンスの緩和、免疫の減少などが一度に重なって第6波が始まったとみる」と話した。翰林(ハンリム)大学江南(カンナム)聖心(ソンシム)病院感染内科のイ・ジェガプ教授もこの日、CBSラジオに出演して「早ければ8月中旬、遅くとも9月や10月ごろ(一日に)10万人から20万人程度の感染者規模まで高まる可能性がある」と予測した。

政府もこの日「感染者の発生規模が増加に転換したことが明らかに見える」〔孫映レ(ソン・ヨンレ)中央事故収拾本部社会戦略班長〕と評価した。ただし、再流行が始まったかどうかについては「増加を続けてい、新たな流行様相(再流行)に突入しているのかどうかについては専門家と共に疾病管理庁が検討している」と答えるにとどまった。

政府は再流行に備えてひとまず妊婦と子供、透析患者用の特殊病床体系を整備するとした。中央対策本部によると、当初5月の時点でも上記のような病床が1890床(透析636床、分娩242床、小児1012床)まで確保されていたが、その後病床稼動率が落ちて現在は透析288床、分娩250床、小児246床など分娩病床を除いて少なくなった状態だ。中央事故収拾本部防疫総括班のパク・ヒャン班長は「今後の需要急増に備えて市道別に特殊治療対応計画を樹立するようにした」と話した。

患者が集中する救急室についても陰圧隔離病床の他に一般隔離病床でも感染者を治療することができるように指針を改正するとしたが、これに対しては現場の混乱を招くだけで根本的な対策ではないという懸念も出てきた。重症患者用病床に関しても政府は患者発生15万人ラインを対応可能な水準としているが、病床大乱が再演されることがあるだけに徹底的に備えなければならないという指摘もある。

にもかかわらず防疫首長(保健福祉部長官)の席は約50日間空席となっている。新政府が推進する科学防疫が作動するためには防疫ガバナンスの構築が至急だ。金宇柱教授は「戦場に総指揮官がおらず、首相傘下の感染病専門危機対応諮問委員会もまだ一度も開かれていない」と話した。

一方、日本でも新型コロナ感染者が増えて第7次の兆しが見えている。6日、NHK・厚生労働省の集計によると、前日(5日)日本の新規確診者数は3万6189人だった。1週間前である1万9379人と比較すると約2倍に増加した水準だ。新型コロナが再拡散の兆しをみせ、日本政府は観光支援策である「全国旅行支援」の開始時期について苦心している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP