주요 기사 바로가기

【時視各角】「98%の信頼、2%の許し」という夢

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.07 08:16
0
#日本で最も愛される渡辺和子シスターの代表作『置かれた場所で咲きなさい』は300万部以上売れたベストセラーだ。個人的に最も印象に残っているのは「どれだけ親しい相手でも100%信頼してはいけない。98%にしなさい」という部分だ。では残りの2%は何か。不信だろうか。そうではない。許しだという。人間は相手を完全に信頼するほど相手の「間違い」を許せなくなるものだ。したがって最初から相手を許す余地2%を残すという教えだ。

この話をした理由は、最近の日本の対米外交がこれと似ていると感じるからだ。日本と米国が手を握って進めた環太平洋経済連携協定(TPP)をトランプ大統領が一方的に離脱しても、TPPに代わる新しいインド太平洋経済枠組み(IPEF)をバイデン大統領が創設しても、日本はただ許す。非難もしない。いや、最初からその中にプレーヤーとして入る。許す力2%は信頼の力98%よりも強く見える。

#先週末、米ホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)のカート・キャンベル・インド太平洋調整官はズーム対話で「30年以上も日本を見てきたが、最近のように日本が積極的に国際舞台でイニシアチブを行使して接着剤(glue)の役割をしたことはなかった」と述べた。実際、日本の外交力は経済力がピークだった1980年代よりも今の方がむしろ強く見える。中国に経済力を奪われた一方で中国を牽制する外交力が生じたのだからアイロニーだ。

ただ、こうした外交力は韓日関係に関しては例外というのが問題だ。先週、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領-岸田首相が初めて会った直後、日本外務省の発表資料は特異だった。「スペイン国王主催の晩餐会で岸田首相はスロバキアの大統領と短時間挨拶を交わした(中略)豪州首相との間でも短時間挨拶を交わした(中略)尹錫悦(ユン・ソクヨル)韓国大統領との間ではごく短時間、簡単な挨拶を交わした」。「短時間」と「ごく短時間」「挨拶」と「簡単な挨拶」がどれくらい、どう違うのかはよく分からない。しかしこうした心中が見える表現を使うのが果たして本当に外交力だろうか。信頼や許しの心が込められているだろうか。

#韓国も日本の責任ばかりにすることはできない。対日外交が精巧でない。国立海洋調査院の独島(ドクト、日本名・竹島)海洋調査、警察庁長官の独島訪問ともに外交当局は全く知らなかった。紛争が起きてから収拾に追われた。そして韓日米共同記者会見が「取りやめ」となるハプニングもあった。「知らなかった」と説明しても日本は信じない。攻撃のきっかけを与えたということだ。大統領室であれ、外交部であれ、こうしたディテールを統合管理するコントロールタワーが必要だ。人員も拡充しなければいけない。敏感な対日外交をわずか10人前後の外交部アジア太平洋第1課の外交官がすべて担当するというのは話にならない。また今のように司法府・行政府が別に動くいいかげんなシステムではいつまた韓日関係の第2、第3の爆弾がさく裂するか分からない。

#日本は遅い。豊田章男トヨタ社長は就任後67人の顧問・相談役を整理するのに10年かかった。創業家の孫であるにもかかわらずだ。そのような国だ。韓国では想像もできない。韓日関係もこれと変わらない。「日本を重視する尹錫悦政権になったので速く変えていこう」とむやみに呼びかけても、低速加熱、低速冷却の国の日本の前で我々の失望値、怒りが高まるだけだ。我々が一方的に急いでも韓日関係が画期的に変わる状況ではないということだ。韓国人に会って「速やかにうまくやっていこう」と言いながらも、振り返れば「日本は一歩も譲歩すべきでない」と話す日本人が大半だという点も念頭に置かなければいけない。結論は簡単だ。「マジックはない」だ。お互いの間隙を埋めていく多方面の努力を一つずつ着実にしていくしかない。そうすれば韓日が互いに「98%の信頼、2%の許し」の国になるかもしれない。

金玄基(キム・ヒョンギ)/巡回特派員兼東京総局長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【時視各角】「98%の信頼、2%の許し」という夢

    2022.07.07 08:16
    뉴스 메뉴 보기
    先月29日午後(現地時間)、スペイン・マドリードIFEMA国際会議場で首脳会談をした韓日米3カ国首脳。左から尹錫悦大統領、バイデン大統領、岸田文雄首相。 [大統領室写真記者団]
    TOP