주요 기사 바로가기

欧州議会、親環境基準に原発を含める…韓国、輸出弾みに期待

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.07 08:02
0
欧州議会がエコ投資基準であるグリーン分類体系(タクソノミー・Taxonomy)に原子力発電と天然ガスを含めることにしたとロイター通信などが6日(現地時間)、伝えた。原発10基の輸出目標を打ち出している韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)政府は欧州議会の今回の決定が韓国のグリーン・タクソノミーに原発を追加する作業をさらに早める契機になるのではないかと期待している。

欧州議会の議員はこの日、フランス東部ストラスブールに集まり、原子力発電と天然ガスをタクソノミーに含めようという欧州委員会の案を328票対278票で通過させた。EU加盟27カ国のうち20カ国が拒否権を行使しない場合、原子力発電と天然ガスは来年からタクソノミーに含まれる予定だ。EUタクソノミーは環境的に持続可能な産業分野を分類して整理する体系で、政府や企業などが環境目標に合わせて投資できるようにする。

今回の投票結果は前日からの激論の末に出てきたものだ。この日、投票結果が発表されると、欧州議会本会議場に各種ヤジの声が聞こえたとユーロニュースは伝えた。

EU執行委が2月に石炭の使用を減らして2050年net zero(カーボンニュートラル)目標達成のために原発と天然ガスをタクソノミーに含めようと提案をする時ですら一部国家の反発を除けばこれを受け入れる雰囲気だった。EU執行委は原子力発電が放射性廃棄物を生産して、天然ガス発電も炭素を排出するのは同じだという批判に対して「過渡期的役割」を果たすエネルギーが必要だとし、これを固執した。

しかし、ロシアのウクライナ侵攻で発生したエネルギー危機がこのような雰囲気を一変させたとブルームバーグ通信は伝えた。タクソノミーに天然ガスが含まれれば、ロシアに対するガス依存が続くということだ。オランダ出身のポール・タン欧州議会議員は「(タクソノミーは)未来のための指針で、何が持続可能なのかについてのもの」としながら「(天然ガスをタクソノミーに含めたことは)ロシアに対する依存度を高めるだけ」と話した。ウクライナの環境弁護士であるスビトラナ・ロマンコ氏も「天然ガスを(EUタクソノミー)に含めたことはロシアのウラジーミル・プーチン大統領に最高の贈り物になるだろう」と話した。EU執行委の提案に賛成する議員は「原子力と天然ガスに投資しないなら、EUは石炭と石油に縛られることになり、炭素排出量の削減がさらに難しくなる」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP