주요 기사 바로가기

金の前で崩壊する公職者…世宗市特別供給で長官の官印もコピー

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.05 17:00
0
恥ずべき行状だ。監査院が5日に公開した世宗市(セジョンシ)移転機関に勤務する公職者向けのマンション特別供給をめぐる監査結果の話だ。公務員らは分譲を受けようと長官の官印をコピーしたり、定年退職後も請約を申し込みマンションを手に入れた。すでに請約に当選したり、入居公告日後に世宗市に転職した場合も規定を任意に解釈し大きな難もなく請約に当選した。ただ3カ月間の監査で摘発された当選者だけで116人に上り、このうち76人が実際に契約を締結した。警察と消防庁から各種中央官庁まで事実上すべての政府機関で違反者が続出した。監査院は契約取り消し要請とともに懲戒と注意、告発を含む45件の監査結果を確定した。官印をコピーした錦山郡(クムサングン)の公務員は虚偽公文書作成と行使の容疑で告発した。

今回の監査は昨年関税評価分類院の幽霊庁舎議論後に国会の監査請求で行われた。大田(テジョン)にある関税評価分類院は移転機関でないのに企画財政部から171億ウォンの予算を得て世宗庁舎を作り、この渦中で職員49人が世宗市特別供給を受け世論の非難を浴びた。さらに職員が新庁舎に移ることもなく血税浪費議論まで起こった事件だ。監査院は先に監査を受けた関税評価分類院を除き昨年12月から約3カ月間、2010年10月以降に世宗市移転機関従事者に供給された住宅2万5995戸に対する適正性を点検した。監査報告書には「ねつ造」「任意」「不当発行」「重複当選」「非適格者」など捜査報告書にでも出てきそうな用語が数十回繰り返された。世宗市公務員特別供給は昨年7月に廃止された状態だ。

◇同僚退勤後に長官の官印コピーした公務員

今回の監査で唯一告発された錦山郡の公務員は、行政安全部派遣期間中に世宗市特別供給に当選すると、本人が所属機関確認書に錦山郡ではなく「行政安全部○○本部」と記入したという。本来の所属機関である錦山郡は特別供給対象でなかったためだ。その後政府業務システムに登録された行政安全部長官の官印をコピーして虚偽書類を作った。監査院によると、この公務員は事務所から同僚職員が全員退勤した後に文書作成プログラムを利用して書類をねつ造した。

すでに定年退職して特別供給の資格を失った人たちも所属機関から特別供給対象確認書を得てマンションを確保した。中小企業振興院に勤めていたBさんはマンション入居予定日の2年前に定年退職したが、所属機関はこれを知りながらも確認書を不当に発行した。こうした形で特別供給を受けた資格喪失者だけで28人に達した。

◇当選してもまた再当選

入居募集公告日後に特別供給対象機関に転職した職員が分譲に当選したケースも多かった。これらは特別供給に当選した後、募集公告日後に転職した対象機関で確認書を得た。すでに特別供給に当選した後で再び特別供給を申し込み再当選した公務員も多かった。韓国土地住宅公社(LH)は金融決済院から非適格当選者名簿を通知されたが特別な措置を取らず供給契約を締結したりもした。監査院は監査の結果、世宗市特別供給点検システムの全般的な不良管理が問題だと指摘した。

世宗市住宅建設事業承認主体である行政中心複合都市建設庁には特別供給点検の権限がなく、点検権限がある国土交通部は2010年から今年3月まで関連点検を全くしていなかったという。監査院は国土交通部に世宗市住宅関連点検などの業務を疎かにすることがないよう「注意要求」もともに下した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    金の前で崩壊する公職者…世宗市特別供給で長官の官印もコピー

    2022.07.05 17:00
    뉴스 메뉴 보기
    国民の税金171億ウォンを投じて新庁舎を作りながら1年間使われず「幽霊庁舎」と非難を受けた関税評価院世宗庁舎。こうした議論の後、世宗市公務員特別供給は廃止された。写真は昨年5月に撮影したもの。フリーランサー キム・ソンテ
    TOP