주요 기사 바로가기

韓国与党院内代表「尹大統領、支持率をとても気にしている」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.05 15:41
0
韓国与党「国民の力」の権性東(クォン・ソンドン)院内代表は5日、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の支持率が下落傾向を示していることに関連し、「経済・民生問題や我が党の混乱が複合的に作用したことがその支持率に現れた」としながら「大統領も支持率をとても気にしている」と明らかにした。

権院内代表はこの日、CBSラジオ番組『キム・ヒョンジョンのニュースショー』で関連の質問を受けて「支持率がこのように落ちる最も大きな理由は経済・民生の複合的な危機のため」としながら「海外要因のため、この問題が短時間に解決されることは難しく、この問題が解決されなければ支持率の反騰は容易ではないとみている」と述べた。

あわせて「経済・民生問題に加えて、我が党の混乱があるではないか」とし「このような部分がすべて複合的に作用したことが、その支持率に現れたと考える」とし「大統領が気にしないと話したのは、国民の意思を無視する、私は国民の意思に意に介さない、といったような意味ではない」と述べた。

権院内代表は「大統領ももちろん気にしている。気にしないなどありえるだろうか」とし「ただ、ここで支持率が落ちた云々と煩わしく弁解するよりも、自分がしっかりと中心をつかんで、この問題を解決するために努力するという責任感からそのような表現を使ったのだと思う。(大統領は)支持率のことをとても気にしている」と述べた。

尹大統領は前日、龍山(ヨンサン)大統領室庁舎の出勤途中で、支持率下落の理由を尋ねられて「選挙の時、選挙運動をしながらも支持率は別段気に留めなかった」とし「特に意味がない」と答えた。あわせて「私のすべきことは国民のためにすることなので、国民だけを一心に考えて熱心にしなければならないという、その気持ちだけがある」と述べた。

権院内代表は尹大統領が北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席するためにスペインを訪問した当時、白紙状態のコンピュータ画面を見て業務をしている写真が公開されたことに関連しては「温かい目で見てくだされば」と話した。

権院内代表は「テレビを見ないので何の画面かよく分からない」としつつも「カメラマンからの演出指示があってそうなったのだろう」と述べた。

あわせて「普通、見ると記者が演出を指示することがあるだろう。我々も見れば入場するときにもう一度入場するように言うし、握手する場面を演出する。だからそんなものなのだと温かい目で見てほしい」と話した。

これに対して進行者が「大統領室がうまく調整したほうがいいのではないかと思うが」とコメントすると、「とにかく参謀には少し問題が多い」とし「いくらそうだからと言っても、それらしく演出しなくてはならないのに」と話した。

これに先立ち、大統領室は尹大統領がNATO首脳会議出席当時に撮影した「Bカット」写真を公開した。ここに尹大統領が真っ白のコンピュータ画面を見て業務をしているような写真が含まれた。

大統領室は尹大統領が「先月28日午前の参謀会議後、NATO首脳会議を準備中」の姿だと紹介したが、モニター画面が真っ白だったため厳しい指摘があった。

これに対して大統領室は、大統領写真の場合、保安問題で内容が分からないようにする方法で公開しているとし「これを歪曲(わいきょく)することに対して非常に残念に思う」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国与党院内代表「尹大統領、支持率をとても気にしている」

    2022.07.05 15:41
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が5日、龍山(ヨンサン)大統領室庁舎国務会議室で開かれた第30回国務会議で冒頭発言を行っている。[写真 大統領室写真記者団]
    TOP