주요 기사 바로가기

文政権の政策を覆した政府「原発30%以上、新ハンウル3・4号機再開」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.05 13:44
0
韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権が原子力発電に力を入れ始めた。2030年までに原子力発電の比率を全体の30%以上に引き上げ、新ハンウル3・4号機の建設も公式再開することにした。政府は5日の国務会議でこうした内容を盛り込んだ「新政府エネルギー政策方向」を議決、発表した。

今回の政策方向の核心は、これまでの国政課題や公聴会などで予告してきたように「原発の強化」だ。文在寅(ムン・ジェイン)政権が確定した2030年のNDC(国家温室効果ガス削減目標)40%を維持するものの、原発の比率を高める形で「エネルギーミックス」を再確立するということだ。産業通商資源部は「ウクライナ情勢など世界エネルギーサプライチェーンが不安定化し、エネルギー安全保障、炭素中立目標達成のためのエネルギー政策の役割がいつよりも重要だ」と背景を明らかにした。

政府は昨年基準で27.4%の原発の比率を2030年には30%以上に高めるという目標を公式化した。このため原発の稼働中断を最小化する一方、現在建設中の原発4基を計画通りに竣工することにした。新ハンウル1号機は今年下半期、2号機は来年下半期の竣工が予定されている。新古里(シンゴリ)5・6号機はそれぞれ2024年下半期、2025年下半期に工事を終える計画だ。

政策方向の計画によると、現在23.3GW(ギガワット)の原発設備容量は2030年には28.9GWに増える。当初のNDC上では8年後に20.4GWに低めることになっていたが、これを覆したのだ。

政府が前政権とは違って原発拡大に集中するのは、脱炭素基調を継続しながらも安定したエネルギー源を確保するためだ。ソウル科学技術大のユ・スンフン・エネルギー政策学科教授は「原発は再生可能エネルギーと共に低炭素電源」とし「原発の拡大は電力供給の安定性を確保しながらもNDCはそのまま履行し、電気料金引き上げも抑えるなどいくつかの効果をもたらすだろう」と述べた。

中断した新ハンウル3・4号機の建設再開も確定した。設計分野に今年投入される予算120億ウォン(約12億円)の早期執行の根拠を用意したのだ。ただ、ユ教授は「現在建設中の原発4基とは違い、新ハンウル3・4号機は早くとも2032-33年の電力体系に入るためNDCに寄与するのは難しい」と評価した。

半面、文政権当時に進めた再生可能エネルギーは「速度調節」に入った。「目標設定が現実よりも過度だという指摘が多かった」(朴一俊産業部第2次官)とし、太陽光や風力の適正比率を改めて設定することにした。石炭発電も老朽発電所をLNGに変えるなどの案を出したものの、電力需給状況などを勘案した慎重な縮小に傍点を打った。

環境団体は「原発拡大-再生可能エネルギー縮小」という公式が現実化したとして激しく反発した。グリーンピースのチャン・ダウル政策専門委員は「再生可能エネルギー拡大目標の下方修正はグローバル炭素規制が強化される現実で輸出競争力を放棄するものとしか考えられない。新ハンウル3・4号機の建設も法的根拠のない政策方向発表で早期に推進するということだ」と批判した。

具体的なエネルギー供給とNDC履行案などは今年10-12月期の第10次電力需給基本計画、来年3月の国家炭素中立グリーン成長基本計画などで表れる予定だ。朴一俊(パク・イルジュン)産業部第2次官は「今回のエネルギー政策方向は前政権の政策を公式的に変えるロードマップということだ。これに合わせて政策を進めて、細部計画が決まりしだい発表する」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文政権の政策を覆した政府「原発30%以上、新ハンウル3・4号機再開」

    2022.07.05 13:44
    뉴스 메뉴 보기
    先月22日、慶尚南道昌原(チャンウォン)の斗山エナビリティ原子力工場を訪問した尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領 大統領室写真記者団
    TOP