주요 기사 바로가기

「いつ死ぬかもわからない」戦争長期化で疲弊するウクライナ人

ⓒ 中央日報日本語版2022.07.05 12:02
0
ロシアがウクライナを侵攻してから5カ月目に入り、ウクライナ住民たちが疲労しつつあると米ニューヨーク・タイムズが4日に報道した。

ウクライナIT企業のある広報担当者は、戦争が始まってから毎日夜になるとテレグラムを通じ、焼死したり爆死したロシア兵を見て満足感を得ていた。彼は最初はそうした写真を見て安堵感を得たとした。しかし戦争が長引き疲労感が大きくなる。そこで戦争のニュースを聞かず、写真をチェックすることも中断した。彼は「テレグラムの写真を見なければ寝つけなかったが、最近は自分もいつ死ぬかもわからないという事実を受け入れた。それで自分の人生に集中することにした」と話した。

3月末にキーウを攻撃したロシア軍をはね除けてウクライナ人は国と軍隊に大きな自負心を感じ、速やかな勝利も可能になるだろうと期待した。しかし戦争のレベルは下がらないのに人々は被害が増えることに腹を立て、ウクライナ政府が国民の士気を心配して危険を軽く見ているという不満を示し始めたというのが同紙の分析だ。

しかしウクライナ住民の中でロシアと妥協するよう望む人はほとんどいない。国立民主主義研究所の世論調査でウクライナ人は「休戦に向け領土を譲歩することを特に反対」することが明らかになった。回答者の89%はロシアが2014年に併合したクリミアなどすべての領土を取り戻す案を支持している。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「いつ死ぬかもわからない」戦争長期化で疲弊するウクライナ人

    2022.07.05 12:02
    뉴스 메뉴 보기
    ロシアの攻撃で破壊されたハルキウ(ハリコフ)の学校
    TOP