주요 기사 바로가기

海外の代わりに国内で…Uターン休暇族が増加、国内ホテル予約率前年比117%上昇=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.05 11:53
0
原油高やドル高などの余波と国別の開放政策の違いなどから海外旅行の代わりに国内で休暇を楽しむUターン族が増えている。

ヤノルジャが5日に発表した「先読み2022夏休みトレンド」によると、7~8月の夏の繁忙期の韓国の宿泊施設予約率は前年同期比117%上昇したことがわかった。

地域別の予約率は首都圏から自家用車で移動可能な江原道(カンウォンド)が26.5%で1位を占めた。次いで済州道(チェジュド)が19.8%、京畿道(キョンギド)が19.1%、釜山(プサン)が18.6%、ソウルが16.0%の順で人気が高かった。予約の52.8%が済州道(チェジュド)と江原道(カンウォンド)に集中した昨年と違い、今年は地域ごとの予約率が比較的均等に分布した。

宿泊施設のタイプ別では、ホテルのカテゴリーが前年比126%増加し最も高い成長を見せた。特に4つ星・5つ星級特級ホテル(102%)は大幅に上昇し、海外旅行の代わりにプレミアムホテルで休暇を楽しもうとする旅行需要が続いていることを示した。また、コロナ禍後に広がったキャンプ人気が続き、グランピングやキャラバンなど野外型宿泊施設は107%伸びた。

ヤノルジャ関係者は「社会的距離確保の解除後に旅行心理が急速に回復しているが相対的に不確実性が高い海外旅行の代わりに国内で休暇を楽しもうという旅行需要が高いことがわかった」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    海外の代わりに国内で…Uターン休暇族が増加、国内ホテル予約率前年比117%上昇=韓国

    2022.07.05 11:53
    뉴스 메뉴 보기
    金海(キムヘ)ロッテウォーターパークのジャイアンツウェーブの全景。[写真 ロッテワールド]
    TOP