주요 기사 바로가기

韓国商人の悲鳴「高物価に電気料金引き上げの超精密直撃弾受けた」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.03 12:05
0
高物価にうめきは続くが、公共料金である電気料金とガス料金も1日から同時に上がった。産業通商資源部と韓国電力によると、7-9月期の電気料金に適用される燃料費調整単価は1キロワット時当たり5ウォンに確定した。これまでよりキロワット時当たり5ウォン引き上げられるのだ。

電気を多く使うネットカフェ、24時間飲食店などの業種は当惑するという反応だ。京畿道高陽市一山(キョンギド・コヤンシ・イルサン)で14年にわたりネットカフェを運営するというチョン・テジュンさんは「電気料金を節約しようと120席のうち半分だけ運営している。エアコンもそこだけつけておく。別の見方をすれば生きるためにあがいているもの」と話す。キム・ギホンさんは「電気を多く使うネットカフェ業者は(1キロワット時当たり引き上げられる)5ウォンも少ない金額ではない。7月からは電気料金だけで30万ウォン以上多く払わなければならないようだ。コロナ禍より電気料金引き上げが恐ろしいという話が出ている」とした。一山で24時間コンナムルクッパ店を運営するキムさんは「夕方と深夜は電灯を最小限にしているが、閉店したと思って通り過ぎるお客がたまにいる」と打ち明けた。

コロナ被害者営業総連帯のミン・サンホン代表は「コロナ禍期間に受けた貸し付けの負担は続くが、物価引き上げで一度、電気料金引き上げで二度など、ウクライナ戦争のような超精密直撃弾をまともに受けている。自営業者の苦痛は言葉で表現できないほど」と主張した。

専門家たちは自営業者を困らせる高物価は当分続くと予想した。カトリック大学経済学科のヤン・ジュンソク教授は「インフレの程度は調整されるかもしれないが、少なくとも今年までは高物価の状況が続くだろう」と予測した。ヤン教授はまた「この2年間のコロナ禍で虚弱体質になった自営業者が高物価で大きな打撃を受けているが、これといった解決策がない。支出構造調整などを通じて国の借金負担を増やさないラインで支援金を増やすのが理想的だが、政府もすでに資金を多く使った状況のため当面は容易でないだろう」と話した。 韓国商人の悲鳴「高物価に電気料金引き上げの超精密直撃弾受けた」(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP