주요 기사 바로가기

韓国型ロケット「ヌリ号」KAISTチームのキューブ衛星放出に成功…双方向通信試みる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.07.03 10:56
0
韓国型ロケットのヌリ号(KSLV-2)に載せられ軌道に上がった性能検証衛星から2番目に分離したキューブ衛星(超小型衛星)が2日、地上局に状態情報(ビーコン信号)を送った。

科学技術情報通信部と韓国科学技術院(KAIST)によると、この日午前3時42分ごろ大田(テジョン)のKAIST地上局でキューブ衛星「ランデブ」の初のビーコン信号を受信した。

KAISTのパン・ヒョチュン教授チーム(航空宇宙工学科航空宇宙システムおよび制御研究室)が開発したこの衛星は前日午後4時38分ごろヌリ号が軌道に上げた性能検証衛星から成功裏に分離した。

研究チームはKAIST地上局を通じて20秒周期で10回以上ビーコン信号を受信した。状態情報は電圧と温度などすべて正常であることを確認した。

これに先立ち最初に射出した朝鮮大学が製作したキューブ衛星の場合、地上局との初めての交信で、20回の通信の試みのうち2回だけ成功し、交信の結果微弱な状態情報が3回受信された。

ランデブは太陽電池パネルとアンテナが円滑に展開し、アンテナ温度7.2度、バッテリー7.97ボルトなど各種サブシステムの電圧と温度がいずれも正常範囲内にある。

KAISTチームはこの日午後3時35分ごろと午後5時13分ごろにキューブ衛星の姿勢制御のため角速度(回転運動中の物体が単位時間に回転した角度)減衰モード命令を送信する予定だ。

状態が安定したと判断されれば衛星メモリーにあらかじめ保存しておいたイメージをダウンロードする命令を送り、双方向交信を試みる計画だ。

ランデブは縦と横がそれぞれ10センチメートル、高さ30センチメートルで、重さは3.2キログラムだ。ランデブは小型地球観測カメラを活用して地上を撮影する予定だ。高度700キロメートルで6カ月間任務を遂行する。

この衛星の主要任務は小型地球観測カメラで地上を撮影し、Sバンドで撮影した映像を地上局に高速伝送することだ。また、衛星の3軸姿勢制御機能を検証する。

地上局とUHF/VHF(極超短波/超短波)周波数を活用した通信を試みる。パン教授はUHF/VHF周波数を活用すればこの衛星が地球を向いていなくても(無指向性)データをやりとりできると説明した。ただこうした任務遂行は衛星の状態が十分に安定してから可能だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国型ロケット「ヌリ号」KAISTチームのキューブ衛星放出に成功…双方向通信試みる

    2022.07.03 10:56
    뉴스 메뉴 보기
    韓国型ロケットのヌリ号に載せられ軌道に上がった性能検証衛星から朝鮮大学の学生チームが作ったキューブ衛星が成功裏に放出されている。[科学技術情報通信部提供映像 キャプチャー]
    TOP