주요 기사 바로가기

韓国型ロケット「ヌリ号」で打ち上げの衛星、キューブ衛星を分離

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.06.30 10:32
0
韓国型ロケット(ヌリ号、KSLV-II)に搭載されて宇宙に打ち上げられた性能検証衛星が、29日からキューブ衛星(超小型衛星)を一つずつ宇宙空間に放出する。性能検証衛星に搭載された4つのキューブ衛星はこの日から2日間隔で1つずつ高度700キロに分離され、6カ月から1年間にわたりそれぞれの任務を遂行する予定だ。

韓国航空宇宙研究院と科学技術情報通信部はこの日午後4時50分ごろ性能検証衛星に搭載されたキューブ衛星1個が射出されると明らかにした。キューブ衛星は性能検証衛星に搭載された発射管に沿って宇宙空間に射出される。この過程は性能検証衛星に搭載されたビデオカメラシステム(VCS)で撮影される。最初に射出されるキューブ衛星は朝鮮大が製作した「STEP Cube Lab-II」だ。

キューブ衛星が射出(分離)されれば、性能検証衛星は3-4時間ほど姿勢安定化過程をたどる。4つのキューブ衛星が2日間隔で射出されるのもこうした時間の確保が必要であるからだ。射出された朝鮮大のキューブ衛星は30日午前2時ごろ朝鮮大と初めて交信する。

朝鮮大のキューブ衛星は任務寿命1年を目標としている。国内で初めて電子光学・中赤外線・遠赤外線カメラを搭載した。韓半島(朝鮮半島)付近の熱の変化を調べるこのキューブ衛星は爆発の危険性が提起されている白頭山(ペクドゥサン)の爆発の兆候など火山の監視や山火事の監視などの任務を遂行する。

科学技術情報通信部のキム・ギソク宇宙技術課長は「30日午前には宇宙に放出されたキューブ衛星が正常稼働するかどうか分かるだろう」と伝えた。

キューブ衛星の大きさを表現する単位(1U・ユニット)は横・縦・高さが各10センチの大きさで、重さは1.33キロ。朝鮮大のキューブ衛星は大きさが6U、重さは9.6キロほどになる。キューブ衛星は世界的に教育目的で製作されたが、現在は通信アンテナやカメラなどを搭載して任務を遂行するほど発展している。

今回ヌリ号に掲載されたキューブ衛星は2019年にキューブ衛星コンテストで選抜された。29日は朝鮮大のSTEP Cube Lab-IIが、7月1日には韓国科学技術院(KAIST)のランデブーが射出される。ランデブーはハイパースペクトルカメラで地球を観測する任務を6カ月間遂行する。3日にはソウル大のスヌグルライトIIが射出される。衛星利用測位システム(GPS)を活用して地球の大気を観測する任務を担当する。5日には延世大のMIMANが射出される予定だ。MIMANは韓半島周辺の粒子状物質をモニタリングする任務を遂行し、6カ月間運用される。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国型ロケット「ヌリ号」で打ち上げの衛星、キューブ衛星を分離

    2022.06.30 10:32
    뉴스 메뉴 보기
    純粋な韓国技術で設計および製作された韓国型ロケット「ヌリ号(KSLV-Ⅱ)」が21日全南高興郡(チョンナム・コフングン)ナロ宇宙センター発射台で火炎を吹き出して宇宙に打ち上げられている。実際、機能のない衛星模写体だけがのせられた1回目の打ち上げとは違い、今回の2回目の打ち上げでヌリ号には性能検証衛星と4機のキューブ衛星が搭載された。[写真 共同取材団]
    TOP