주요 기사 바로가기

停電が起きて携帯電話のライトで帝王切開…新生児の耳が切られる事故

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.06.24 10:24
0
メキシコのある産婦人科病院で停電が発生し、医者が携帯電話のライトに依存して帝王切開手術を進める途中で新生児の耳を切る事故が発生した。これを受け、赤ちゃんの両親は病院を相手取って医療過失訴訟を起こした。

20日(現地時間)、デイリーメールなど外信によると、6日メキシコのある病院で妊婦カルラ・ウリザンディさん(19)の帝王切開手術を進めている途中で病院が停電が発生すると医者は携帯電話3台のライトを照らして手術を続けた。そうするうちに医師の中で1人が生まれたばかりの赤ちゃんの耳を切断した。

産婦は当時午前11時に病院の手続を経て12時40分に分娩室に運ばれた。8分後である12時48分、突然停電が発生した。バックアップ発電機も作動せず病院は闇に包まれた。停電は約26分間続いた。

すべての照明が突然消えた時、産婦はすでに麻酔が進んでいたと記憶した。

担当した婦人科医師は産科専門医であるデービッド・サントヨ博士とともに入り、名前も知らないもう一人の医師もともに入ってきて予定された帝王切開を通じて分娩を進めることにした。

この過程で3人の医師の中で1人は照明のために携帯電話3台を使って手術を続けることにし、サントヨ博士は赤ちゃんの血管腫を除去する過程で赤ちゃんの耳をほとんど切断した。産婦は手術後、夫のフアン・ソリスさんがこのことを伝える前まで息子の耳が切られた状況について全く知らなかったという。

ウリザンディさんは「手術後、この状況について医師や誰かが来て説明することを待っていたが、誰も来なかったし、いかなる説明もなかった」とし、医療過失の疑いで法的措置に出ることにした。

実際、医師側が録画した映像には医師が大声で泣く赤ちゃんを抱いて毛布に横たえる場面だけが映されていた。

現在、赤ちゃんは治療を受けた後、健康を回復中だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP