주요 기사 바로가기

マクロンが真っ先に打撃…底なしのウクライナ支援で経済的圧迫を受ける欧州(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.06.24 09:45
0
◆「西側、大義名分・現実、選択の瞬間」

反面、ロシアのルーブル相場は制裁をあざ笑うかのように7年ぶりの最高値だ。ブルームバーグは今年に入って35%のルーブル高で、対ドル収益性で見るとき、ルーブルは「今年最高の通貨」と伝えた。特にエネルギー価格の急騰がルーブル高を後押ししている。香港のサウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)は21日、プーチンは戦場の膠着状態とは関係なく、ウクライナを支持する西側の団結力が弱まるのを待っている」と分析した。ニューヨーク・タイムズ(NYT)は「ロシアを狙った西側の努力がブーメランとして返ってきている」と伝えた。

外信は西側が大義名分と現実の間で選択の瞬間を迎えたと伝えた。侵略戦争、民間人虐殺など数多くの戦争犯罪を犯した「ロシア報復」という名分は明らかだが、自国民の苦痛を無視したまま無制限にウクライナを支援できないためだ。西側はEU首脳会議と主要7カ国(G7)およびNATO(北大西洋条約機構)首脳会議などを相次いで開催しながら内部引き締めとあわせて代案探しに出た。

ワシントン・ポスト(WP)は「西側はロシアが周辺NATO加盟国を狙う最悪の状況を防ぐために軍需支援を持続し、ウクライナは韓半島(朝鮮半島)と同じように終戦のない休戦状態になる可能性もある」と展望した。

自分たちの首を締めることになった制裁の一部を緩和する可能性もある。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は22日、ロシア産原油輸出を許容するものの、価格上限線を置こうという米国の提案がEUで同意を得ていると伝えた。ロシアに対する制裁に一部の例外を許して、高騰した原油価格とインフレーションを緩和しようとする措置とみられる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP