주요 기사 바로가기

「韓国の最初のサル痘感染者、乗客・乗務員など49人接触…8人は中危険」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.06.24 06:52
0
全世界で拡散しているサル痘感染者が韓国で初めて発生した中、最初の感染者が49人と接触したことが分かった。

疾病管理庁は韓国国内の最初の感染者である30代内国人と接触者は21日この感染者がドイツから帰国した当時、旅客機に同乗していた乗客や乗務員など49人だと23日、明らかにした。この中で高危険接触者はおらず、中危険接触者8人、残りの41人は低危険接触者に分類された。

高危険接触者は保護装具を着用していない状態で感染者と一日以上ともに時間を過ごしたり、感染者の体液など潜在的感染性物質に露出したりした場合で、能動監視を行って21日間自宅隔離が義務付けられる。中危険と低危険接触者は21日間モニタリングするが、自宅隔離の義務はない。

疾病管理庁は「今後海外流入以外に地域社会で感染した患者が発生する可能性があるが、感染危険が新型コロナに比べて比較的に低いため、過度に心配する必要はない」と説明した。飛沫などが主な感染経路である新型コロナとは違い、感染者と密接接触した場合でない国内の一般人口からの感染危険は比較的に低いという判断だ。

疾病庁関係者は「潜伏期中に入国したり、検疫段階では症状を認知できなかったりする場合がある可能性があり、国内に入国した疑い患者を逃がさずに診断するのがまず大事だ」として「発生国家を訪問、または旅行する国民の個人衛生規則の遵守および申告、医療界の積極的な疑い患者への監視と申告をお願いする」と説明した。

一方、防疫当局はサル痘の疑い症状にも自主的に申告しなかった外国人を相手に告発を検討中だ。20日に入国した外国人は疑い患者に分類されたが、最終的に陰性と判定された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓国の最初のサル痘感染者、乗客・乗務員など49人接触…8人は中危険」

    2022.06.24 06:52
    뉴스 메뉴 보기
    仁川(インチョン)国際空港。ムン・ヒチョル記者
    TOP