주요 기사 바로가기

ウォン相場、13年ぶり取引時間中に1ドル=1300ウォン突破

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.06.23 09:58
0
対ドルのウォン相場が約13年ぶりに1ドル=1300ウォンを超えた。23日午前9時19分現在、ソウル外国為替市場でウォン相場は前日より3.10ウォンのウォン安ドル高となる1ドル=1300.40ウォンで取引されている。

この日の相場は前日終値より1.70ウォンのウォン安となる1299.00ウォンで取引を開始し、約10分後に1300ウォンを突破した。その後1300.80ウォンまでウォン安が進み、前日一時1297.90ウォンを記録したのに続き2日連続で取引時間中に年初来高値を更新した。ウォン相場が取引時間中に1300ウォンを超えたのは2009年7月14日の1303.00ウォンから12年11カ月ぶりだ。

同じ時間に対円のウォン相場は100円=955.72ウォンで、前日午後3時30分基準の951.06ウォンより4.66ウォンのウォン安円高となった。

こうした為替相場の変化は昨夜米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が上院公聴会で景気低迷の可能性を認め安全資産選好心理が強まったためとみられる。

パウエル議長は上院銀行委員会に出席し「今後数カ月間はインフレ(物価上昇)が2%で推移する強力な証拠を見つける。持続的な金利引き上げが適切だと予想する」と明らかにした。これに伴い、ニューヨーク証券市場では3大指数がいずれも小幅な下落で取引を終えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ウォン相場、13年ぶり取引時間中に1ドル=1300ウォン突破

    2022.06.23 09:58
    뉴스 메뉴 보기
    ウォン。[中央フォト]
    TOP