주요 기사 바로가기

認知症に新たな原因見つかる…韓国研究陣が明らかにした脳内の「尿素回路」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.06.23 08:29
0
韓国の研究陣がアルツハイマー型認知症の記憶力減退が脳内反応性クッパー細胞の「尿素回路」のためであることを明らかにした。

基礎科学研究院が23日に明らかにしたところによると、認知および社会性研究団のイ・チャンジュン団長とチュ・ヨンハ博士の研究チームは韓国科学技術研究院(KIST)と共同でクッパー細胞内の尿素回路の存在を確認し、活性化した尿素回路が認知症を促進することを究明した。

クッパー細胞は脳細胞を半分以上構成する星型の非神経細胞だ。

アルツハイマー症や炎症など周辺環境によって数と大きさが増加する反応性クッパー細胞はMAO-B酵素を発現し、プトレシンで抑制性神経伝達物質であるGABAを生成して記憶力減退を引き起こす。

研究陣はKIST脳科学研究所のリュ・フン団長の研究チームとともに、主に肝臓に害となるアンモニアを解毒し、尿の主成分である尿素を生成する尿素回路が脳内のクッパー細胞にも存在することを明らかにした。

反応性クッパー細胞で活性化した尿素回路がプトレシンとGABAの生成を誘導して認知症を誘発するということだ。

研究陣は毒性物質であるアミロイドβがあるクッパー細胞で尿素回路を構成する酵素であるOTC、ARG1、ODC1などの活性・発現量が増加し、合成された尿素量も増える事実を確認した。

この時ODC1を抑制すれば尿素回路を通じて生成されるプトレシンとGABAが減少し、アルツハイマーモデルのマウスの記憶力も回復した。

これまで認知症の主原因はアミロイドβと見なされてきたが、臨床実験ではアミロイドβを除去しても重症認知症が持続し、認知症治療剤の開発には失敗した状況だ。

イ・チャンジュン団長は「新たな抑制剤先導物質として尿素回路酵素ODC1の可能性を確認した。前臨床試験を通じてODC1の効能と毒性などを確認し、新規のアルツハイマー認知症治療剤開発に着手する計画」と話した。

今回の研究結果は国際学術誌「セル・メタボリズム」電子版に掲載された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    認知症に新たな原因見つかる…韓国研究陣が明らかにした脳内の「尿素回路」

    2022.06.23 08:29
    뉴스 메뉴 보기
    アルツハイマー症患者に見られる尿素回路酵素の増加。[写真 基礎科学研究院]
    TOP