주요 기사 바로가기

輸出悪化の懸念と強いドルまで重なる悪材料…ウォン相場3営業日連続で年初来安値

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.06.23 07:35
0
1297.30ウォン。22日終値基準の1ウォン相場だ。ウォンがあと2.70ウォン下落すれば13年ぶりに「1ドル=1300ウォン時代」となる。ますます大きくなるリセッションへの懸念の中で韓国の輸出が悪化するだろうという見通しがウォン下落をあおっている。安全資産に挙げられるドルに資金が集まりドルの価値は高騰している。

この日ソウル外国為替市場でウォン相場は前日より3.70ウォンのウォン安ドル高となる1ドル=1297.30ウォンで取引を終えた。ウォン相場は終値基準で20日1292.40ウォンと21日の1293.60ウォンに続き3営業日連続で年初来安値を塗り替えた。結局世界金融危機当時の2009年7月14日に記録した1315ウォンから13年ぶりの安値水準まで押し出された。1年前の1131.90ウォンと比較すると165.4ウォンの急落だ。取引時間中には一時は1297.9ウォンまでウォン安が進み1300ウォン水準を脅かした。

ウォン安が続く状況で輸出企業の業績が悪化するとの懸念までウォン下落を圧迫している。火種は米連邦準備制度理事会(FRB)の高強度緊縮とそれにより深まるリセッションへの懸念だ。米国発の景気低迷の懸念は対外需要依存度が高い韓国に打撃が大きくなりかねない。

外国人の「セルコリア」もウォン下落をあおっている。この日外国人投資家はKOSPI市場で3210億ウォン相当を売り越した。年初から22日基準で14兆1368億ウォンの売り越しだ。

これに対しドルは上昇を続けている。世界的な安全資産選好心理のためだ。インベスティングドットコムによると、ユーロと円など主要6通貨に対するドルの価値を反映するドルインデックス(1973年=100)は年初の96.21から21日には104.21に上がった。

21日のウォール・ストリート・ジャーナルによると、ドイツ銀行のストラテジスト、ジョージ・サラベロス氏は「ドルは世界のスタグフレーションに備えたヘッジ手段の上に利益を戻してくれるいくつもない金融資産」と話した。

市場のこうした流れの中で専門家は短期間でウォンが1ドル=1300ウォン水準を超える劣勢を継続すると予想した。ウォン相場が1ドル=1300ウォンを超えたのは2009年7月13日の1315ウォンが最後だ。DB金融投資のムン・ホンチョル研究員は「景気低迷の懸念で為替相場の変動性が明らかに大きくなっている。ドル高でウォン相場は短期間で1ドル=1300ウォン水準を超えるだろう」と予想した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP