주요 기사 바로가기

W杯「婚外情事」禁止令…ワンナイトの場合「懲役7年」?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.06.22 16:03
0
今年11月に開催されるカタールワールドカップ(W杯)のときに「ワンナイト・スタンド(一夜のセックス)」をして摘発された訪問客は最大懲役7年刑に処される可能性があるという外信の報道が出た。

21日(現地時間)、「ザ・サン」「TMZスポーツ」などは英紙「デイリースター」を引用して「W杯が開かれるカタールで海外サッカーファンが未婚の状態で婚外性関係を行う場合、7年間監獄に収監される場合もある」とし「国際サッカー連盟(FIFA)は厳格なアラブ国家で開かれるW杯は『カジュアルセックス(婚外情事)』を禁止するために強硬なアプローチ方法を取ると警告した」と報じた。

カタールは婚外性関係に保守的なアラブ国家だ。今年11月W杯を観戦するためにカタールへ向かうサッカーファンは婚外性関係を禁止するカタールの法律を念頭に置かなければならないかもしれない。外信によると、カタールでは誰でも婚外性関係を持つことはできず、有罪が認められれば最大1年懲役刑に処される場合がある。国内法を違反して有罪を受けた者は最大7年懲役刑に処されることもあるという報告もある。

英国警察はデイリースターとのインタビューで「今年W杯では史上初めて(婚外)セックス禁止令が下された。ファンは準備が必要だ。夫と妻が一緒に来ない限り性関係はメニューから脱落している。今大会は確かに『ワンナイト・スタンド』はない。パーティーも本当にない。監獄に閉じ込められる危険を甘受しないようにするためには全員彼ら(カタール当局)に頭を下げなければならない」と警告した。すでに夫婦ではない他の性を持つファンがホテルを予約したところ中断されたという話もある。

ザ・サンは「中東諸国では婚外性関係は最大7年刑に処される。カタールで飲酒は不法ではないが公共の場所で酒を飲むのは絶対に許されない犯罪だ。コカインを密搬入して摘発されれば死刑に処されるという事実を知っておくべきだ」と付け加えた。カタールでは同性愛が不法で、摘発時には最大懲役3年刑に処される場合がある。

これに先立ち、カタールW杯のナセル・アル・カテルCEOは「すべてのファンの安全と保安が我々にとって最も重要だ。公開的に愛情表現するのは眉をひそめさせる。私たちの文化の一部ではなく、すべての人々に適用される」と話していたことがある。

ただし、カタールが実際にW杯期間にワンナイト・スタンドに対する処罰基準を適用するかは未知数だ。現実的にこれを摘発するのは難しい。

カタールW杯は今年現地時間11月21日に開幕して12月18日まで行われる。カタールW杯は工事現場で移住労働者数千人が死亡するなど開幕前からさまざまな論争を生んでいる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    W杯「婚外情事」禁止令…ワンナイトの場合「懲役7年」?

    2022.06.22 16:03
    뉴스 메뉴 보기
    カタールの砂漠サファリツアーラクダ体験。[写真 カタール観光庁]
    TOP