주요 기사 바로가기

来韓トム・クルーズ「『トップガン』続編、相当なプレッシャーがあった」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.06.21 14:06
0
「ペイバック」を演じたジェイ・エリスは「最初、トムがテスト撮影した飛行場面を見せながら『皆さんにもこれからこれをやってもらいます』と言った時、皆は『ええっ?』と言いながら驚いたが、トムがデザインした段階別訓練プログラムを聞いた後は確信を持って訓練に臨むことができた」と話した。

「ハングマン」役のグレン・パウエルは「海軍と協業して実際の飛行速度や方向などを勉強したところ、映画を撮るというよりも海軍に入隊したような気になった」とし「ひとたび上空に飛び出せばすべてのことが自分の責任なのでプレッシャーが大きく、重力に必死に耐えて血が逆流しているその渦中にセリフを言わなければならなかった」と吐露した。その一方で「このすべてのことは『トム・クルーズの映画』でなければ絶対に経験できないこと」と感謝を伝えた。

トム・クルーズも「各自が注いでくれた情熱に敬意を表したい。映画製作の美しい点は皆が協同して同じ目標に向かって進むこと」としながら「凄まじい努力があってこそ最高のクォリティーが出せる。映画に参加したすべての人々の努力を劇場で感じることができるだろう」と自負した。

彼らは新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)パンデミックを経てなんとか訪問できた韓国に対して愛情も表わした。公開に合わせて来韓するために多方面で日程を調整したというトム・クルーズは「4年ぶりに韓国に来たが、私たち全員が改めて一つになったという感じを受けた」と話した。『トップガン』チームは19日、2時間以上にわたるレッドカーペットイベントを行い、ファンと共に映画を観覧するなど細やかなファンサービスを見せた。

映画『セッション』に出演して韓国の観客にも知名度の高い「ルースター」役のマイルズ・テラーは「最近、韓国の映画と音楽が世界のエンターテインメントに大きく貢献している」とし「訪韓は2回目だが、来るたびにその文化に大きく心を動かされる」と話した。 来韓トム・クルーズ「『トップガン』続編、相当なプレッシャーがあった」(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP