주요 기사 바로가기

金正恩氏「食糧状況は緊張」1年ぶりにまた?…コメ価格暴騰

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.06.20 08:25
0
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)と昨年冬から続いている干ばつが北朝鮮体制のもう一つの脅威要因となっている。特に北朝鮮内のコメ価格が6月に入って急騰して一部では食糧問題に対して懸念の声があがっている。

日本の北朝鮮専門メディア「アジアプレス」は今月17日に公開した「北朝鮮市場最新物価情報」で、北朝鮮内のコメ価格が1キログラムあたり6700ウォンだと明らかにした。北朝鮮当局が新型コロナ関連の集計を始めた4月末以前まで5000ウォン台序盤を記録していたコメ価格は昨年6月15日(7000ウォン/キログラム)に迫る水準まで急騰した。

金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が昨年6月に開かれた労働党第8期3次全員会議で「人民の食糧状況が緊張しつつある」と言及していたが、それから1年で食糧不足が再演される兆しを見せている。西江(ソガン)大学のキム・ヨンス教授は「北朝鮮内の食料事情が深刻だという話をたびたび耳にする」としながら「栄養不足で住民たちの免疫力が落ちて防疫問題にも否定的な影響を及ぼしている」と話した。

実際、北朝鮮は春季の干ばつと新型コロナに伴う封鎖措置で、田植え季の営農作業が打撃を受けたことに続き、最大穀倉地帯である黄海南道(ファンヘナムド)一帯で水因性伝染病まで猛威を振るって困難を強いられている。労働新聞や朝鮮中央通信をはじめ官営メディアは民心離反を防ぐために金委員長の「愛民イメージ」を強調して内部結束に注力する雰囲気だ。

金委員長が15日、「家庭で用意した医薬品」を黄海南道海州(ヘジュ)地域に届けたことに続き、16日には妹の金与正(キム・ヨジョン)労働党副部長をはじめ趙甬元(チョ・ヨンウォン)・李日煥(イ・イルファン)党秘書、玄松月(ヒョン・ソンウォル)ら主要幹部も医薬品寄付に参加した。幹部が率先して手本を示そうとする態度で住民を安定させ、防疫危機突破に対する意志を見せようとしているようだ。

韓国統一研究院のオ・ギョンソプ研究委員は「新型コロナ拡散防止のための封鎖措置によって、食糧を含む全般的な物資が不足した状況とみられる」としながら「民心離反を早期収拾し、住民たちをなだめるために金委員長の『愛民指導者』イメージを強調しながら忠誠心を促している」と話した。

だが、下半期も厳しい状況が続く状況だ。特に「気象状況」が金正恩政権の足を引っ張る可能性があるという見方も出ている。

韓国の気象庁格である北朝鮮気象水門局関係者は18日、朝鮮中央テレビ「気象水文局からのお知らせ」のコーナーで「6月下旬に雨が頻繁に降ることが予想される」とし「一部地域では多くの雨が降るだろう」と伝えた。この関係者は「6月に雨が頻繁に降る現象を『麦梅雨』という」とし「降水量が少なく雨が降った翌日に気温が低くなって涼しさを感じるところが梅雨と区別される特徴」と説明した。

麦梅雨は湿っぽく涼しいという特性があり、農作物の生育に大きな影響を及ぼす。さらに北朝鮮地域では平年よりも早い7月上旬に梅雨が始まり、台風と洪水の影響を受けるだろうという予想も出ている。北朝鮮が国際社会からの制裁と防疫危機に続いて自然災害という「三重苦」にぶつかる危機に処した局面だ。

キム・ヨンス教授は「自然災害のような『高波』が襲えば北朝鮮体制の耐久力が急激に落ちる可能性がある」としながら「北朝鮮は『内部予備』さえ枯渇した状況なので外部に支援を要請できる名分を慎重に考慮しなければならない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    金正恩氏「食糧状況は緊張」1年ぶりにまた?…コメ価格暴騰

    2022.06.20 08:25
    뉴스 메뉴 보기
    金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長
    TOP