주요 기사 바로가기

「部品不足に貨物ストまで…ヒョンデの生産に支障」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.06.10 09:15
0
貨物連帯のストライキで産業界が危機を迎えた。そうでなくとも半導体不足と原材料価格の上昇に苦しんでいる企業の立場では、経営上の問題が深刻になっているという反応だ。財界では「企業の大々的な投資計画が水の泡になる危機」という懸念も出ている。

◆ヒョンデ「GV80・アイオニック5生産に支障」

ヒョンデ(現代自動車)によると、蔚山(ウルサン)工場の一部の生産ラインが稼働と停止を繰り返しているという。蔚山工場に各種部品を運ぶ貨物連帯組合員が運送を拒否し、部品の需給に支障が生じているからだ。貨物連帯組合員は8日午後2時から工場納品拒否に入り、9日午後4時から生産ラインの一時停止が繰り返されている。蔚山工場に関連する納品・完成車運送などを担当する貨物連帯組合員は約1000人だ。

ヒョンデ蔚山工場はGV80・アイオニック5など17車種を一日6000台ほどを生産している。ヒョンデ関係者は「GV80の場合、半導体不足などのためこれまで新車の出庫が遅れている状況」とし「今回の貨物連帯のストの影響で1年以上遅れそうだ」と話した。

自動車産業協同組合は要請文を出し「新型コロナと車載用半導体などのグローバル供給危機で自動車生産が停滞している状況で、収益性が悪化するなど経営に多くの困難が生じている」とし「こうした状況で貨物連帯が団体行動で自動車部品会社の部品供給を阻んで生産に支障を招くのは、自動車部品会社の生存権を脅かす」と批判した。

ポスコも主要事業場で問題が生じている。会社関係者は「浦項(ポハン)製鉄所2万トン、光陽(クァンヤン)製鉄所1万5000トンなど計3万5000トンの一日の陸送物量に対する出荷が遅れている」と伝えた。建設業界も事情は似ている。貨物連帯のストにレミコン運送の運転手が多数参加してセメントの需給に支障をきたし、骨組工事に影響が及んでいる。

◆半導体・造船業界「長期化なら打撃不可避」

半導体・造船など代表的な輸出業種の場合、事態が長期化すれば被害が雪だるま式に増えると予想される。

造船業界の関係者は「貨物連帯のストで資材の運送に一部影響が発生していて、状況を注視している」とし「緊急物量を事前に準備し、現在のところ船の建造に資材の問題はないが、ストが長期化すれば資材が適時に供給されず支障が生じるだろう」と話した。

半導体業界の関係者も「事業場で必要な部品・素材は可能な限り確保し、スト前に出庫を増やしたが、長期化すれば影響が出るしかない」と憂慮した。

◆財界「投資計画に冷や水」

財界では貨物連帯のストが大々的な国内投資計画に冷や水を浴びせるという懸念が強まっている。韓国貿易協会・韓国経営者総協会・全国経済人連合会・大韓商工会議所・中小企業中央会・韓国中堅企業連合会の経済6団体は声明で「企業が国内外の厳しい条件の中、さまざまな投資計画を相次いで出し、国家経済の活力向上のために努力している」とし「投資計画の80%以上を国内に集中し、内需振興と良質の雇用創出のために国民経済の増進を目指している」と強調した。

貿易協会の関係者は「多くの企業がグローバルサプライチェーン危機・原材料価格上昇・物流費引き上げの3重苦に直面している状況で、投資を通じた経済活性化と雇用創出に取り組んでいるだけに、こうした趣旨を生かせるよう貨物連帯が早期に対話と妥協に向かうことを期待する」と述べた。

一方、貿易協会が貨物連帯ストに関連する問題を尋ねた結果、8日基準で112件の回答があった。企業は「輸入」(39.3%)より「輸出」(60.7%)に多くの困難があることが分かった。輸入では「原材料調達への支障」(17%)が最も多く、輸出では「違約金の発生」(25.9%)と「納品の遅延」(22.3%)が多かった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「部品不足に貨物ストまで…ヒョンデの生産に支障」

    2022.06.10 09:15
    뉴스 메뉴 보기
    ヒョンデ蔚山工場内の電気自動車「アイオニック5」生産ラインで、現場職員が車を点検している。 [写真 ヒョンデ]
    TOP