주요 기사 바로가기

【コラム】危機の韓日、保守が進歩を包容して国益を広げていくべき(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.06.07 10:44
0
◆韓国をむしろ攻撃する日本

もともとパートナーシップ宣言に含まれた治癒論の論理構造は被害者の傷に対して加害者が謝罪と補償を通じて責任を取り、被害者は加害者を許すことによって傷を癒やすということだ。このような責任論的治癒論に立ち、被害当事者に対する治癒が進んで相当な効果が現れた。しかし時間が経つにつれ、加害者が負うべき責任の性格、謝罪の誠意、補償の適切性に対する両国の認識の違いによって、むしろ傷がぶり返す逆説的現象が発生した。韓国が主張する治癒論に日本が呼応せず、かえって反発して逆攻勢することが起こった。これによって過去被害当事者の本源的な傷よりも現在の一般国民の派生的な傷のほうが大きくなってしまった。

明らかに治癒論は国際的次元の脱冷戦と韓国の民主化過程と軌を一にして、人権と正義という普遍的価値を増大させて国際規範を高揚するのに大きく貢献をした。被害当事者や彼らを支援する市民団体の献身的努力が韓国史と世界史の進歩に及ぼした役割に敬意を表す。しかし、彼らが抱いている高い理想と崇高な理念が全て実現されるには現実の制約が大きい。かえって彼らの主張が現実の中で国益を損なう結果を生む場合もあった。

それでも普遍的価値は実現できるかどうかとは関係なく、それ自体で存在意義を持っている。したがって国益の損傷という結果に焦点を合わせ、進歩的価値を無視したり軽視したりして保守的信念に転換することはしてはいけない。保守は進歩的価値を自分のこととして専有してそれを用いて進歩陣営と疎通しなければならない。私は責任論的治癒論の代案として包容論的治癒論を提示する。

◆進歩陣営と疎通が切実な歴史問題

現時点で歴史問題の焦点は本源の問題でなく派生の問題だ。換言すれば、被害当事者の傷よりも反日や嫌韓によって両国民の感情に刻み込まれた派生的な傷だ。この傷はどちらか一方の責任ともう一方の治癒で終結することはできない。歴史和解に向かった責任を共有し、共に治癒していく過程が必要だ。相互治癒が進むにつれて、残された本源的傷を治癒するところも開かれるだろう。カギは相手を包容する先制的措置が必要だという点だ。

すでに韓日関係を改善する時点は熟した。核心事案は強制徴用問題だ。日本は韓国に解決法を提示しろと要請している。包容論的治癒論で武装して韓国が先制的措置を断行しよう。おそらく加害者・日本の先制措置が先だと考える責任論的治癒論者と彼らの考えに共感する多くの国民が反発するだろう。それは避けられない。尹錫悦政権が韓日関係を改善すると宣言した以上、歴史問題を巡って進歩陣営との疎通の瞬間に直面するだろう。

その瞬間に国益論を前面に出してはいけない。また、国益のためだという名分の下で演出された謝罪で国民の心をげん惑してもならないだろう。責任論的治癒論の成果を認め、その限界を説明し、包容論的治癒論に立って歴史和解を進展させると誠意を込めて説得しなければならない。この時、疎通の瞬間を通過するかどうかは今回強化された市民社会首席室の役割にかかっている。包容論的治癒論で疎通の瞬間を無事に通過した時、国益論が作動できる基盤が造成されて、その基盤の上に韓日関係車輪が力強く回っていくだろう。

パク・ホンギュ/高麗(コリョ)大学政治外交学科教授 【コラム】危機の韓日、保守が進歩を包容して国益を広げていくべき(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP