주요 기사 바로가기

<ゴルフ>ミシェル・ウィー引退、2004年の「最高のラウンド」なかったなら…

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.06.01 12:04
0
2004年1月17日に米プロゴルフ(PGA)ツアーのソニーオープン第2戦で満14歳の少女が2アンダーを記録した。ゴルフ界は「男女の高い壁を破る女性ゴルファーが現れた」と興奮した。主人公のミシェル・ウィーは当時「マスターズで優勝したい」と堂々と話した。

ミシェル・ウィー(33)が2日に開幕する米女子プロゴルフ(LPGA)ツアー全米女子オープンを最後に引退を宣言した。来年ペブルビーチで開かれる全米女子オープンにもう1回出るが、それ以外の出場計画はないと明らかにした。

ミシェル・ウィーは2014年の全米女子オープンを含めLPGAツアーで5勝を収めた。しかし若い頃の天才的才能を考えると物足りなさも残る。

彼女は10代初めから記録製造機だった。満12歳だった2002年に月曜予選を通過してLPGAツアー大会に出場した。翌年にはメジャー大会であるナビスコ選手権(現シェブロン選手権)最終日にチャンピオン組で競技した。過去最年少トップ10だった。同年ミシェル・ウィーは全米女子パブリックリンクスでも最年少で優勝した。

もちろんミシェル・ウィーのハイライトは世界を驚かせた2004年のソニーオープンだった。PGAツアーでアンダーパーを記録した少女という勲章を得たミシェル・ウィーはその後PGAツアーなど成人男子大会に相次いで出場した。タイガー・ウッズと米国メディアは「女子ジュニア大会に出てゴルフを楽しむ方法を学び、優勝経験を積まなければならない」と忠告した。だがミシェル・ウィーは「若い時から男子大会に出なければ男性選手と競えない」として話を聞かなかった。

ミシェル・ウィーは若くして男子プロゴルファーらと対決して自信を失った。10代の少女は数年間にわたり体と心に大きな傷を負った後、男子大会への挑戦をあきらめた。ミシェル・ウィーがその傷を癒して再起したのはすごいことだ。選手生活をしながらスタンフォード大学を卒業した。現在は結婚して子どもを産んで幸せに暮らしている。

2004年の事件がなかったとすればどうだっただろうか。正常に成長したとすればアニカ・ソレンスタムに匹敵する最高の選手になったかも知れない。マスターズ優勝は難しくても出場は可能でなかっただろうか。時には最も良い時が最も危険な時でもある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP