주요 기사 바로가기

性暴力被害告白した歌手Ali「克服したと思ったが」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.29 10:58
0
歌手Ali(アリ)が過去の性暴力被害の事実を告白し日常のつらさを訴えた。

Aliは27日午後に放映されたチャンネルAの芸能番組に出演し、司会進行のオ・ウニョン博士に悩みを相談した。しばしば悪夢を見るなど不安感が極度に激しかったという彼女は昔の性暴力被害事実を告白し、オ博士は「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」と診断した。

この日Aliは「健康な母親になりたいが、このごろよくぼーっとしている。頭の中が真っ白になる。事実いまの収録中もそうだ」と悩みを打ち明けた。オ博士は「ブレインフォグ」の状態を疑い、実際にAliはブレインフォグ症候群チェックリスト7項目すべてに該当した。

Aliが息子と遊ぶ映像を見守ったオ博士は、「繰り返し使う言葉がある。助けて、あぶない、この言葉がとても多く出る。こうした言葉はもしかしたらAliの不安さをそのまま反映したものではないかと考えられる」と話した。

Aliは実際には起きないことに対し心配するなど日常で大きく不安を感じていた。「寝る時ももしかしてと思う気持ちで防御の姿勢を作る。蓋然性なくたびたび(不安な気持ちが)起き、いったいなぜそうなるのかよくわからない」という彼女にオ博士は「警戒心最高潮状態」という診断を下した。

Aliは寝ると翌日になるのが嫌でゲームをしながら夜を明かしたことが多いと話した。また、悪夢もしばしば見るという。するとオ博士は「生活がつらくなるほど悪夢をよく見るのは何か理由がある」と指摘し、「若干不安な程度でなく別の見方をすれば死ぬかもしれないという原初的な死に対する恐怖のようだ」と話した。続けて「とても近い人の死を経験したことがあるか」と尋ね、Aliは目頭を赤らめた。パネラーとして出演したイ・ユンジもやはり同じだった。Aliは2020年に死去したコメディアンのパク・チソンに言及し、「本当に大事にしていた友達が私に大きな影響を与えたようだ」と告白した。

オ博士は気の毒がりがらも「とてもショックで(Aliの不安さに)影響はあるがこれですべてを説明するのは難しい。死に対する恐怖を感じるほどならばそれほどの事件がある経験が大きい。何がいったい大きな恐怖感を与えたのか」と尋ねた。

するとAliは昔の性暴力被害事実を告白した。彼女は「これを私が克服したと考えた。事実20代半ばに性暴力を受けたことがある。客員ボーカルとして活動しソロアルバムの準備中に起きたことで当時はとても喪失感を感じたようだ。自分の人生のすべてが根こそぎなくなるようだった」と話して衝撃を与えた。オ博士は心がとても痛むとしながら「この話をするまでどれだけ多くの勇気が必要だったろうか」としながら気の毒がった。これに対しAliは「事実記憶したくない」としてうつむいた。

「加害者はどんな処罰を受けたか」という話にAliは「受けることは受けた。ところがどのようにというのが思い出せない。ただちゃんと暮らしていたら良いだろう、しっかりと悔いて。そんな気持ちが生まれる。私がメディアに出る人なので私の立場を話した時に悔いて生きていたその人が突然違うように生きることもあるのではないか」と話した。オ博士は「これもものすごい恐れだ。存分に恨むこともできないのがとても心が痛い」といった。

Aliは「私が平凡な人だったら存分に恨んだと思うが、私の行動によって私たちの家族が傷つきかかねないので心の許しが必要だった、許さなければ生きることはできなかった。そして許しが必要な理由には音楽もある。(生き残って)音楽をいつまでもしたいから」と胸の内を打ち明けた。

オ博士はPTSD症状だと診断した。オ博士は「外傷後ストレス障害だ。(性暴力による)トラウマだ。こうした人たちは事件と関連したことを思い出すだけで恐ろしく苦しがる。関連するものを避けようとするのでその事件後に記憶力が落ちたのだろう」と話した。続けて「PTSDは現在も進行中だとみる。いまからでもしっかりとした治療と回復をすべき。症状がある時は薬品治療を推奨する」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    性暴力被害告白した歌手Ali「克服したと思ったが」

    2022.05.29 10:58
    뉴스 메뉴 보기
    歌手Ali[インスタグラム キャプチャー]
    TOP