주요 기사 바로가기

ウクライナのゼレンスキー大統領「ロシア、ドンバスでジェノサイド政策推進」

ⓒ 中央日報日本語版2022.05.27 11:04
0
ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は26日(現地時間)、「ロシアが東部ドンバス地域で明白なジェノサイド(genocide・標的集団抹殺)政策を推進している」と述べた。

ゼレンスキー大統領はテレビ演説を通じて「ロシアが我々国民を追放して民間人を大量虐殺している。ドネツィク(ドネツク)とルハンシク(ルガンスク)では占領軍の死傷者を埋めるために可能な限りの人員を動員している」と主張した。

ゼレンスキー大統領はまた、セベロドネツクをはじめとする東部都市を列挙して「ロシアがこれらの都市をマリウポリのように灰にしようとしている」とし「ドンバス地域での攻勢はこの地域を人が住めないところにするだろう」と強く懸念した。

今年4月、ウクライナ議会はロシア軍の作戦をジェノサイドと規定する決議案を採択し、米国のジョー・バイデン大統領も「ウクライナ人の思想を抹殺しようとする試みが徐々に明らかになっている」としてジェノサイドに言及した。カナダのジャスティン・トルドー首相もこのような主張に同調していた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ウクライナのゼレンスキー大統領「ロシア、ドンバスでジェノサイド政策推進」

    2022.05.27 11:04
    뉴스 메뉴 보기
    ウクライナのゼレンスキー大統領。[写真 ウクライナ大統領室]
    TOP