주요 기사 바로가기

ロシア、ウクライナ東部要衝地に集中攻勢…第2のマリウポリ懸念

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.26 16:36
0
ロシア軍がウクライナ東部ドンバスに対する攻勢を強化しルハンシク州の戦略的要衝地であるセベロドネツク郊外まで到達した。これにより都市はガス供給が途絶え、飲用水と電力供給まで危険な状況だ。セベロドネツクには1万5000人の民間人が残っており第2のマリウポリになりかねないとの懸念が出ている。

ロイター通信によると、ロシア軍は25日にセベロドネツクと近隣リシチャンスクなどを包囲するために3方向から数千人を動員して集中攻撃を加えた。セベロドネツクはアゾット化学工場を中心にした産業都市で2014年に親ロシア派反乱軍勢力が州都ルハンシク市を占領してからはセベロドネツクが州都の役割をしてきた。

ルハンシク州のガイダイ知事は「現在ロシア軍が都市を迫撃砲で攻撃できるほど接近した。都市を掌握するためマリウポリやハルキウなど他の地域に駐留していた軍人まで投じている」と伝えた。

ロシア軍が24時間にわたり砲撃を加え死傷者も急速に増加している。ウクライナのニキフォロフ大統領報道官はこの日「ドンバスの一部地域でロシア軍の兵力規模はウクライナ軍の7倍に達する」と話した。

ロイターは「この地域がロシア軍の手に落ちればロシアは今回の戦争の主要目標のひとつだったルハンシク州全体を掌握することになる」とした。軍事専門家らはロシア軍が大規模進軍ではなく小単位で包囲網を作り攻撃していると評価した。

この過程でロシア軍がマリウポリ占領過程で使った包囲戦術を使うだろうという警告が出ている。実際この日最後のガス貯蔵所がロシア軍の攻撃を受けて供給が中断し、電力と飲用水も限定的だと英日刊紙ガーディアンは伝えた。

現地当局はセベロドネツクを脱出できる道路がロシア軍の手に渡ったという報道は否定したが、道路に対する爆撃が続き約1万5000人の民間人はアゾット化学工場の避難所などに集まっているところだと話した。

ガイダイ州知事は「来週が重要だ。ロシア軍が早期に占領できなければ力が落ち、状況は安定させられる」と話した。ウクライナ国防省は26日、ドンバス地域でロシア軍の進軍を10回防ぎ、前日には62人のロシア兵を射殺したと発表した。

ドンバスのほかにもロシア軍はウクライナ全域に爆撃を加えた。ウクライナ政府によるとこの日ミコライウ、チェルニヒウ、ハルキウなどがロシア軍の爆撃を受け28人が死亡し48人が負傷した。

ウクライナのゼレンスキー大統領は「ウクライナ軍は東部のロシア軍の攻勢に対抗し抵抗しているが一部地域では数で劣勢と武器不足に陥っている。われわれは依然として国際社会の支援が必要だ」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ロシア、ウクライナ東部要衝地に集中攻勢…第2のマリウポリ懸念

    2022.05.26 16:36
    뉴스 메뉴 보기
    ロシアの攻撃で破壊されたハリコフの学校
    TOP