주요 기사 바로가기

サムスン電子の李在鎔副会長「命かけて前だけ見て進む」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.26 15:38
0
李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長が今後5年間、半導体・バイオ・新成長IT(情報通信)など未来の事業に450兆ウォン(約45兆円)を投資することに関連し、「前だけを見て進んでいく」と述べた。

李副会長は25日、龍山(ヨンサン)大統領室前の芝生広場で開かれた中小企業人大会に出席する前、投資計画について「数字は分からないが、ただ命をかけてやっていく」と話した。これまでも危機を迎えるたびに積極的な投資をしてきたサムスンが、徹底的な準備をして未来事業の基盤を固めるという意味として解釈できる。

李副会長は2020年11月のデザイン戦略会議でも「未来のために絶えず挑戦しよう。挑戦は危機の中でさらに光る」と発言するなど、危機の時期であるほど果敢な投資が必要だという点を強調してきた。

一方、サムスンは24日、「躍動的革新成長に向けたサムスンの未来の準備」という投資計画で、半導体・バイオ・人工知能(AI)および次世代通信など未来の新事業に450兆ウォンを投資すると明らかにした。このうち80%は研究開発(R&D)、施設拡充などで国内に投資し、青年雇用拡大のために5年間に8万人を新規採用することにした。

今回の投資計画発表に関連し、サムスン側は「未来の事業と新成長ITに集中的に投資するのは、国家核心産業の競争力を一段階アップグレードすると同時に、社会全般に躍動性を高めるとうい意図」と説明した。

続いて「サムスンのファウンドリー事業が世界1位に成長する場合、サムスン電子より大きな企業が国内に追加で生じるのと似た経済的効果がある」とし「経済安保の側面でも半導体・バイオのサプライチェーンを国内に置くのは数値に表れるもの以上の戦略的な意味がある」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスン電子の李在鎔副会長「命かけて前だけ見て進む」

    2022.05.26 15:38
    뉴스 메뉴 보기
    李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長
    TOP