주요 기사 바로가기

高騰する油類価格…束手無策の韓国政府

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.26 15:36
0
韓国で販売されている軽油・ガソリンの平均価格が過去初めて1リットルあたり2000ウォン(約201円)を越えた。国際原油価格の高騰で、韓国政府の油類税引き下げ幅拡大政策も大きな効果を発揮することができなかった。

26日、韓国石油公社原油価格情報サイト「Opinet」は、この日午前9時基準で全国のガソリンスタンドのガソリン平均販売価格が前日比1リットルあたり1.74ウォン上昇した2000.33ウォンだと明らかにした。軽油平均販売価格も同じ時間1リットルあたり2002.98ウォンを記録してガソリン・軽油ともに2000ウォン台を突破した。

価格が先に上昇したのは軽油だった。欧州を中心に世界的な軽油在庫不足現象が広がっているところに、ロシアのウクライナ侵攻で石油製品の需給難が発生して国際価格が上がったためだ。今月11日、販売平均軽油価格が2008年以降14年ぶりに初めてガソリン価格を越えた。24日には過去初めて軽油の一日平均販売価格が1リットルあたり2000ウォンを越えた。

今年3月に1リットルあたり2000ウォンを越えたガソリン価格は今月から油類税引き下げ幅が20%→30%に拡大されて今月6日には1リットルあたり1931.69ウォンまで落ちた。だが、米国が夏休みシーズンを控えて自動車の使用が増加するとの予測が出ると、国際原油価格が上昇し、ガソリン価格も再び2000ウォン台を回復した。

油類価格が高い水準を維持していて、これらに対する消費量は急減した。「Opinet」によると、先月軽油とガソリンを合わせた消費量(1735万5000バレル)は昨年4月と比較して18.3%減少した。昨年4月は新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の再拡散で強力な社会的距離確保が施行されていた時期だ。新型コロナが最も拡散していた時期よりも先月の消費量が急減するほど価格の衝撃が大きかったとみることができる。

問題は高い油類価格を安定させるためにこれといった対策がないという点だ。政府は今月から油類税引き下げ幅を拡大したことに続き、来月には軽油運送業者に出している軽油補助金の支給基準価格を従来の1リットルあたり1850ウォンから1750ウォンに拡大する予定だ。だが、専門家はこのような措置も国際原油価格が安定しないなら特別な効果を発揮しにくいと指摘する。

実際、国際原油価格が大幅に上昇した2008年3月にも政府は油類税引き下げ政策を実施したが、韓国内のガソリン価格は同年3月1リットルあたり1670.3ウォンから7月1922.6ウォンまでかえって上昇した。税前価格の国際石油価格の高騰で油類税引き下げ効果を相殺してしまったからだ。ガソリン価格が安定を取り戻したのはドバイ原油が1バレルあたり49.9ドルに急落した2008年11月になってからだった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP