주요 기사 바로가기

【噴水台】孫興民ゾーン…新しく刻まれた韓国サッカー史

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.26 12:00
0
23日、韓国サッカー史が新たに刻まれた。孫興民(ソン・フンミン)がイングランドプレミアリーグ(EPL)ゴールデンブーツ(得点王)の主人公になった。トッテナムとノリッジ・シティのリーグ最終戦に出場した孫興民は22号、23号ゴールを続けて決め、モハメド・サラー(リバプール)と共に得点王となった。韓国はもちろんアジア選手で初めてのEPL得点王だ。欧州5大サッカーリーグで得点王になったアジア選手も孫興民だけだ。

得点王を決めた最後のシュートが特に印象的だった。後半30分、左サイドのペナルティエリア外側で繊細なタッチでパスを受けた孫興民は、相手選手1人をかわしてシュートを放った。足を離れたボールは美しい弧を描いてゴール右隅に吸い込まれ、ネットを揺らした。アウェーチームの得点にヤジが飛ぶEPLのスタジアムだが、あまりにも完ぺきな得点にホームチームのノリッジの応援席からはため息がもれた。

どこかでよく見たようなこの場面。いわゆる「孫興民ゾーン(zone)」で生まれた得点だった。孫興民は特にペナルティエリア外側の両サイドで抜群のゴール決定力を見せる。左右を問わずだ。得点王となった今季の初得点も最後の得点もこの孫興民ゾーンからのシュートだった。英紙イブニングスタンダードは今季最後のゴールについて「うまく巻いたシュートだった。彼のトレードマークでもある」と評価した。

孫興民ゾーンから思い切ってシュートを放つ選手は多くない。相手も「まさかここからのシュートはない」という考えで距離を置いて守備をしている。ゴールまで距離が遠く、成功率が低いからだ。なら、孫興民の秘法は何か。それは「血のにじむような努力」だった。本人がそのように表現した。孫興民は昨年1月のJTBCのインタビューで「最初からその位置でのシュートが得意だったわけではない」とし「その位置で何度も練習を繰り返した。ほかでもなく血のにじむような努力のおかげのようだ」と語った。

孫興民の活躍から「やればできる」という勇気と自信を受けたという人が少なくない。コロナと就職に苦しんでいる若者が特にそうだろう。しかしもう一つ、深く響くメッセージを忘れてはいけないようだ。生まれ持った才能がいくら優れていても努力がなければ自分だけの領域をつくるのは難しいという単純な真理を、孫興民は証明している。

チャン・ジュヨン/社会エディター

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP