주요 기사 바로가기

「カンヌですか?」突然の招待電話…カンヌ短編コンペ初の韓国アニメ『角質』

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.26 10:33
0
「カンヌですか? そこでもアニメーションを選ぶんですか?」

デビュー作『角質』で今年カンヌ映画祭短編コンペティション部門に韓国アニメーションとして初めてリストに入ったムン・スジン監督(26)が配給会社から招待の連絡を受けての第一声だった。『角質』はムン監督の韓国芸術総合学校卒業作品。他人に非難されないために作り出した社会的仮面を「角質」として表現した。短編アニメ『美容室』(2015)など個人的な習作はあったが、対外的に公開したのは『角質』が初めてだ。

韓国独立アニメーション協会によれば、『角質』は今年カンヌ映画祭に出品された104カ国3507本の短編のうち短編コンペティション部門のパルム・ドールを競う最終候補9本の一つに選ばれた。この部門における韓国作品は1998年チョ・ウルリョン監督の『スケート』をはじめ出品が続いて受賞もしたが、アニメが進出したのは初めてだ。24日、カンヌ映画祭に到着した直後に会ったムン監督は「今でも現実感がない」と言いながら笑った。

アニメ『角質』は主人公の若い女性が本来の姿に戻り、角質の影になっていく過程が6分ほどの短い時間に圧縮的に描かれている。友人と明るく笑って話をしていた主人公は家に戻って表皮を脱ぐように角質を脱ぐ。少女漫画のような見かけの角質とは違い、本来の姿はとても現実的な姿をしている。空気が抜けたゴム人形のような角質を洗濯するように洗い、突然の友達の呼び出しに乾き切っていない角質を着て飛び出す姿が描かれる。着れば着るほど角質は鮮明になり、本来の姿は幽霊のように薄くなっていく。

ムン監督自ら「他人によく見えようと気を使い、自尊感が低いほう」というが、作品のアイデアはここが出発点になっている。「自分が考える自分の姿を見せることが怖くて、他の人が好きかもしれないというイメージを見せようと努力した」というムン監督は「個人的な状況は良くないのに、他人の目には明るい性格に見えるので共感してもらえず乖離感が大きくなり、良くない時期があった」とした。「ありのままの自分を見せた時、他人が自分をどのように見るのか、最後までその考えから離れることができず、自分自身をなくし、その場を結局角質が代わりに生きていくことになる。パッと見たところ以前と同じ主人公だが、その中で多くのことが変化していて、そこから来る悲しみがある」と話しながらだ。「別の見方をすれば、何をやってもダメで、ダメだから余計あきらめてしまい、愛されることのできない自分を捨てて作られた自分として生きていくと考えることもできるかもしれませんね」。

--どのように現在の形の角質を思いついたのか。

「主人公がこれを着た時に圧迫感を感じてほしかった。息がしにくくて、汗もうまく外に出せない環境で、じめじめして暑くて、息苦しさを感じてほしかった。梅雨期の、水が入った長靴のように」

--角質と本来の姿が描写が違う。

「日本の漫画本を見ると可愛くて美しい。どうしてこんなデザインが出てくるのかな、と考えると、東洋の美的基準を誇張させて表現したものではないかと思った。ところでこれが違和感なく美しく受け入れられることに乖離感を覚えた。私の姿は、本来の姿の現実的なほうに近い」

--アニメに込めようと思ったメッセージは。

「社会的に認識される自分と実際の自分が違うと考えた時、ふと鏡の前に立っている自分が誰なのか分からなくなった。過去も現在も、外部でも内部でも未来にも認知されることができない自分の存在が存在しているといおうか。私は死んだのかな、という気がして結末をそのように描いた。そのような結末とは違い、誰かが勇気を持って自分が無視してきた本当の姿を一度でも正面から見つめることができれば、消えない道を選ぶことができるのではないだろうか」

2年以上にわたって『角質』を作る間、自身の感情と正直に向き合って表現したということに解消感と排出感を感じたというムン監督。カンヌ映画祭に招待されて成就感も得た。「アニメーションの技術的にも、心理的にも成長することができた」とムン監督は語った。

『角質』は来月クロアチアで開かれる「アニマフェスト・ザグレブ」、フランスの「アヌシー国際アニメーション映画祭」コンペティション部門にも招待された。「長編にも挑戦したいが、まだ怖いことが多いです。韓国でアニメを続けながら生きていくことができるのか。今まではストレスを流す排出口として作品を作ってきたが、職業にするとしたらどうなのか、今まで考えたことがありませんでした。『角質』は完成しただけでもよかったと思ったのですが、それ以上の結果をいただきました。まず、カンヌ映画祭を目一杯楽しんで幸せを感じたい」。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「カンヌですか?」突然の招待電話…カンヌ短編コンペ初の韓国アニメ『角質』

    2022.05.26 10:33
    뉴스 메뉴 보기
    第75回カンヌ国際映画祭短編コンペティション部門に招待された韓国アニメーション『角質』。ムン・スジン監督の公式演出デビュー作だ。[写真 カンヌ国際映画祭、ムン・スジン監督]
    TOP