주요 기사 바로가기

【社説】強化された韓米の態勢、北朝鮮は挑発でなく住民に目を向けるべき

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.26 10:13
0
北朝鮮が新型コロナ拡大の中でも昨日またミサイルを発射した。今年17回目、尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権に入って2回目、韓米首脳会談の4日後の挑発だ。北朝鮮は米国本土を狙った大陸間弾道ミサイル(ICBM、火星17型と推定)と在韓・在日米軍基地を射程圏とする短距離弾道ミサイル(KN-23)など3発を発射し、挑発のレベルを高めた。すべて核弾頭搭載が可能なミサイルだ。

北朝鮮は韓国・日本訪問を終えたバイデン大統領が米国に到着する前にICBMを発射し、時間的な効果までも狙った。前日には韓国防空識別圏(KADIZ)と日本防空識別圏(JADIZ)に中国とロシアの戦闘機・爆撃機6機が無断侵入し、2時間ほど飛行した。インド太平洋経済枠組み(IPEF)立ち上げやクアッド(日米豪印)首脳会合など米国が主導する自由陣営の経済安保協力に対抗する両国の武力示威だが、北朝鮮の挑発が加わり、あたかも中露朝が調整して韓日米を威嚇する格好となった。

北朝鮮の挑発直後に尹大統領は緊急国家安全保障会議(NSC)を開き、「韓米首脳が合意した拡大抑止実行力と韓米連合防衛態勢の強化など実質的な措置を履行すべき」と指示した。政府はその後の声明で「国連安保理決議を違反する不法行為であり、韓半島(朝鮮半島)と国際社会の平和を脅かす重大な挑発」と北朝鮮を強く糾弾した。韓米軍は玄武II、ATACMS(エイタクムス)実射撃訓練で「挑発の原点を精密打撃する能力と体制を整えている」(合同参謀)ことを誇示した。北朝鮮の戦略的挑発に韓米軍が共同で対応したのは2017年7月以来4年10カ月ぶりだ。「韓半島平和プロセス」に没頭して多くの北朝鮮の挑発に目を閉じた前政権とは大きく異なる対応だ。北朝鮮が「核武力を韓国打撃用として使用することも可能」という状況で、韓米が首脳会談で同盟の信頼を確認し、対応態勢を徹底的に整えることになったのは幸いだ。

残念なのは北朝鮮の政権だ。コロナワクチンも接種できない住民が民間療法に依存して恐怖を感じている中、国家資源を挑発に使い果たしている。中・短距離ミサイル1発を発射するのに12億-18億ウォン(約1億2000万-1億8000万円)、ICBMはその10-20倍がかかる。7回目の核実験の準備も終えた状態だ。

「北朝鮮の持続的な挑発は、さらに強力かつ迅速な韓米連合の抑止力に帰結するしかなく、北の国際的孤立を自ら招くことになるだろう」。韓国政府が出したこの声明を北朝鮮は深く考えることを望む。

昨日、一昨日の中露朝の威嚇と挑発は、専制主義国家対自由民主主義陣営の対立激化、その真ん中に立つ我々のの安保の現実をそのまま見せた。政府はちょうど合同参謀議長と陸・海・空軍総長など軍首脳部を交代した。政府・軍ともに心機一転し、この危機を賢く解決することを望む。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【社説】強化された韓米の態勢、北朝鮮は挑発でなく住民に目を向けるべき

    2022.05.26 10:13
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮のミサイル挑発の兆候を確認して追跡してきた韓国空軍は24日、実際の発射に対応してF-15K戦闘機およそ30機でエレファントウォーク(Elephant Walk)訓練を実施した。これは多数の戦闘機が最大武装して密集隊形で離陸直前段階まで地上を滑走する訓練。北朝鮮は25日、ICBMなど3発のミサイルを発射した。 [韓国軍合同参謀本部]
    TOP