주요 기사 바로가기

北朝鮮、ICBM発射に核実験の兆し…尹大統領、強く警告

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.26 07:10
0
北朝鮮が25日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)と短距離弾道ミサイル(SRBM)3発を相次いで撃った。核起爆装置作動試験など北朝鮮の核実験が迫っている兆候も具体的に確認された。発足から半月が経過した韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)政府は核弾頭を長・短距離に搭載して飛ばすためのミサイル発射実験、また第7次核実験まで、北朝鮮の多重挑発を目の前に置くことになった。

国家安全保障会議(NSC)の金泰孝(キム・テヒョ)事務処長はこの日、龍山(ヨンサン)庁舎の会見で「豊渓里(プンゲリ)核実験場とは異なる場所で、7回目の核実験を準備するための核起爆装置作動テストを行っている様子が探知されている」と明らかにした。続いて「ここ一日二日のうちに核実験が起きる可能性は低いが、その後の時点は十分に可能性がある」と述べた。核実験の時点については「おそらく北朝鮮指導者自身も決めてはいないだろう」としながら「北朝鮮当局が求める規模と性能を評価する核実験に向けて、最後の準備段階が迫っている時点」と分析した。金処長は国家安保室第1次長も兼ねている。

合同参謀本部によると、北朝鮮はこの日平壌(ピョンヤン)順安(スナン)飛行場一帯から午前6時にICBMを1発発射したのを始め、約37分後にはSRBMを2発、5分間隔で発射した。北朝鮮が機種や射程距離が異なるミサイルを数発発射したことはあるが、ICBMまで入れて撃ったのは今回が初めてだ。金処長はこれを「韓米同盟に対する同時威嚇」と規定した。

大統領室によると、国家安保室のクォン・ヨンホ危機管理センター長はミサイル発射3分後の午前6時3分、尹錫悦大統領に電話で報告し、10余分後には国家安保室の金聖翰(キム・ソンハン)室長が尹大統領に電話で早期出勤を勧めた。尹大統領は午前7時35分からNSCを主宰した。就任後初のNSC主宰だった。尹大統領は、韓米首脳間で合意した拡張抑制実行力や韓米合同防衛態勢強化など実質的措置を取るよう指示した。大韓民国の安保に一寸の隙間もないように常時対備態勢の維持もあわせて指示した。大統領室は尹大統領の指示で政府声明を出し、今回の発射を「重大な挑発」と規定した。

北朝鮮の挑発意図に関連して金処長は「緊迫した大韓民国の国内政治日程に介入しようとする意図ではないもよう」と述べた。6月1日の地方選挙を念頭に置いた可能性を示唆した分析だ。

◆韓米、ミサイル発射・F15K戦闘機30機「エレファント・ウォーク」で応戦

金処長は続いて「新政府の安保態勢をテストしてみようとする政治的意図も含まれている」としながら「韓日歴訪を終えて帰国の途に就いた米国のジョー・バイデン大統領が自国領空に進入する時点とほぼ同じタイミングで挑発を始めたことは、韓米に同時に送る戦略的メッセージ」と評価した。

ICBMと推定されるミサイルは北朝鮮が開発中の新型「火星17型」で、後に続いた2発は「北朝鮮版イスカンデル」と呼ばれるKN23だと大統領室は推定している。金処長は「火星17型」の試験発射については「正常発射ではない高角発射で、分離推進体の性能などを総合的に検討するための措置ではなかったかと判断する」と述べた。「KN23」2発については「核装着後、投発(発射して爆発させること)ができる性能改良の狙いが内包されているようだ」と分析した。

金処長は尹政府の「北朝鮮の軍事行動に対する3原則」も打ち出した。(1)発射体がミサイルなのか、ロケット砲なのか、弾道ミサイルなのか、ICBMなのかに対する正確な記述(2)軍事措置には必ず相応する後続措置が従うこと(3)韓米軍事協力態勢を通した実践と国連を含む国際社会との緊密な共助を通した状況管理--だ。

この日、韓国軍は江原道江陵(カンウォンド・カンヌン)近隣から東海(トンへ、日本名・日本海)上に地対地ミサイル「玄武(ヒョンム)2」を発射した。F-15K戦闘機30機余りが滑走路から密集して移動する「エレファント・ウォーク」(象の行進)映像も公開され、別途で米軍も地対地ミサイル「ATACMS(エイタクムス)」を発射した。

国家情報院はこの日、国会情報委員会の非公開懸案報告で「北朝鮮は核実験を含む追加挑発の可能性があり、北朝鮮の動向を綿密に監視している」と報告した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮、ICBM発射に核実験の兆し…尹大統領、強く警告

    2022.05.26 07:10
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮が25日午前、弾道ミサイル3発を東海(トンへ、日本名・日本海)上に発射した。この日午前、韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は龍山(ヨンサン)大統領室庁舎で国家安全保障会議(NSC)を主宰して、韓米首脳間で合意した拡張抑制実行力や韓米合同防衛態勢の強化など実質的措置を履行するように指示した。[写真 大統領室]
    TOP