주요 기사 바로가기

「韓国しか行くところがなかった」 戦争を避けてきたウクライナ高麗人(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.25 14:51
0
「家の前で飛行機が低く飛び回り、爆弾とミサイルの爆発する声が大きく聞こえました」

ウクライナ国籍の高麗人(旧ソ連地域に住む韓民族)3世のアナスタシアさん(32)は今年2月に戦争が始まった日のことを思い出して涙を流した。記憶を根こそぎ消したいほど怖かったが、幼い2人の娘を見て気持ちを立て直した。

慌てて荷物をまとめてすぐに家を出た。「なぜ家に戻れないの」と言って駄々をこねる5歳の娘には世界旅行に行くのだと言い聞かせた。普段は9時間の距離にあるウクライナ西側国境までは25時間、丸一日かかった。バスの運転手の助けを借りて到着したポーランド国境の集落で避難民を受け入れているというあるボランティアメンバーに会った。アナスタシアさん家族は彼の家でも脅威を感じた。アナスタシアさんは「家の主人がSNSに避難民を助けているという内容の投稿をして私たち家族の写真を掲載した」とし「決定的なことは彼が麻薬をしていることを知り、娘たちが心配になってその家を離れることにした」と話した。

◆韓国で3カ月の在留許可を受けて入国

切迫した状況でアナスタシアさんが思い出した唯一の安息所は祖父の故郷、韓国だった。すでにアナスタシアさんの母親は1年前に妹と一緒に韓国に定着した。ウクライナ人と結婚したアナスタシアさんだけがウクライナに残っていたが、戦争で不安定な避難生活が続くとすぐに韓国行きを決心した。アナスタシアさんは「韓国以外には行くところがないと考えた」と話した。アナスタシアさんは3月に入国して母親と妹に会った後、やっと戦争から遠ざかったという安堵感を感じることができたという。アナスタシアさんは韓国を「祖国」と表現した。「祖国があって本当に良かったと思う。感謝している」と話した。

戦争からは逃れることができたが、生活は相変らず不安だ。ウクライナで生まれ育ったため、アナスタシアさんは韓国語がうまく話せない。アナスタシアさんは住んでいる家の家賃と2人の娘を任せるオリニチプ(保育園)の費用など生計費を用意するために単独でアルバイトに出た。最近、自動車工場で部品の組み立てを始めた。「韓国に定着して暮らしたい」というアナスタシアさんにとって一番の心配は何か聞いてみた。すると「健康保険が保障されないため、私たちが病気になってはいけない」とし「子どもたちが病気になったらどうしたらよいのか心配になる」と答えた。アナスタシアさんの夫であるロマンさんは韓国政府に3カ月の人道的特別在留許可を受けて入国した。6月になれば再びウクライナに戻らなければならない。いつ戦争が終わるのか分からない状況で、子どもたちを一人で面倒を見なければいけない未来に、アナスタシアさんは不安で一杯だと話した。 「韓国しか行くところがなかった」 戦争を避けてきたウクライナ高麗人(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓国しか行くところがなかった」 戦争を避けてきたウクライナ高麗人(1)

    2022.05.25 14:51
    뉴스 메뉴 보기
    今年3月に韓国に入国したウクライナ高麗人のアナスタシアさんが仁川(インチョン)高麗人文化院で家族と一緒に時間を過ごしている。夫のロマンさんは6月に再びウクライナに発つ予定だ。キム・ギョンロク記者
    TOP