주요 기사 바로가기

<サッカー>「孫興民は利他的なワールドクラス」…英メディア絶賛

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.25 14:21
0
「孫興民(ソン・フンミン)は自己中心的でない性格でワールドクラスに合流した非常に珍しいタイプのFW選手だ。彼がビッグクラブに移らずトッテナムのユニホームを着てプレーするのも謙虚な性格のためだ。球団はこの状況を当然のことだと考えないでほしい」。

今季イングランドプレミアリーグで得点王になった孫興民(ソン・フンミン、30、トッテナム)に対して英現地メディアの関心も大きい。日刊紙デイリーメールは24日、長文の記事で孫興民を「利他的なワールドクラス」選手と紹介した。デイリーメールは「一つもPKゴールがなく今季の23得点をすべてフィールドゴールで満たした背景には、常にチームを優先する孫興民のキャラクターがある」とし「トッテナム選手団の内部で孫興民を非難する選手は見えない。実際、孫興民が自己中心的な性格であればトッテナムに残っていなかったはず」という説明を付けた。

孫興民は今季86本のシュートで23得点した。終盤まで得点王タイトルを争ったモハメド・サラー(リバプール)は1.5倍の139本のシュートを放った。得点王を狙ってシュートを乱射するのではなくチームプレーに徹したという傍証だ。

23日のノリッジ・シティとの最終戦でチームメートが孫興民に得点チャンスを与えようとパスを集めた場面も、いつもチームを優先する孫興民に対する親しみと感謝の意を表現したものと見ることができる。

英大衆紙ザ・サンも孫興民について「トップクラスの実力を備えながらも謙虚で損をするタイプ」と紹介した。また、孫興民の週給を例に挙げながら献身的な姿勢を称賛した。同紙は「毎週20万ポンド(3億2000万ウォン、約3200万円)という金額はトッテナム球団の立場では十分だと感じるかもしれない」とし「しかし客観的な観点で競技力に比べて(週給が)少ないというのは疑いの余地がない」と指摘した。孫興民が他の選手のように「年俸を上げてくれなければチームを出る」などの雑音を出さない理由については「彼の視線がチームと勝利に向いているため」と診断した。

現地メディアの注目を受ける孫興民は今季プレミアリーグパワーランキング圧倒的1位で「孫興民時代」の開幕を知らせた。総点8万1031点で、2位のサラー(7万4336点)、3位のケビン・デ・ブライネ(マンC、7万1973点)に大きな差をつけている。BBCとスカイスポーツが選定したプレミアリーグのシーズンベストイレブンにも孫興民はベストFWとして名を連ねた。

BBC解説委員ガース・クルックは「昨年夏、マンC移籍が失敗に終わったハリー・ケインが不在中、チームを支えたのは孫興民だった」とし「孫興民はシーズンを通して起伏のないプレーを見せた。ゴールデンブーツ(プレミアリーグ得点王)を手にしたのは極めて適切であり自然な結果」と評価した。

孫興民の活躍もあってシーズンを4位で終えたトッテナムは経済的な側面でも大きい利益を得ることになった。ザ・サンは「今季プレミアリーグ4位で欧州サッカー連盟(UEFA)チャンピオンズリーグ出場権をつかんだトッテナムは来季最大1億1000万ポンド(約1750億ウォン、約175億円)の収入を期待できることになった」とし「5位でヨーロッパリーグに出るアーセナルは最大収入が3500万ポンド水準」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>「孫興民は利他的なワールドクラス」…英メディア絶賛

    2022.05.25 14:21
    뉴스 메뉴 보기
    孫興民のプレミアリーグ得点王を祝うトッテナムのSNS掲示物 [写真 トッテナム ツイッター]
    TOP