주요 기사 바로가기

韓国、輸出企業数減少も輸出額は増加…10大企業に集中

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.24 16:09
0
昨年、韓国の輸出企業が2010年以降初めて2年連続で減少しながらも輸出額は増加するなど、上位10大企業への貿易集中度がさらに高まったことが分かった。

関税庁が24日に発表した「2021年企業特性別貿易統計(暫定)資料」によると、昨年の輸出企業数は大企業が前年比3.5%減の875社、中堅企業が0.9%増の2227社、中小企業が2.6%減の9万1513社で計9万4613社だった。前年に比べて2.5%減少した。国内の輸出企業が2年連続で減少したのは関連統計の作成が始まった2010年以降初めて。

しかし輸出額は大企業4158億ドル(前年比29.5%増)、中堅企業1138億ドル(22.3%増)、中小企業1135億ドル(17%増)の計6431億ドルと、前年比28.8%増で過去最高となった。大企業の資本財と原材料の輸出がそれぞれ23.2%増、49.2%増となり、全体の輸出額の増加につながった。

これを受け、輸出額の比率で算定した大企業の貿易集中度はさらに高まった。昨年の国内輸出額上位10大企業の貿易集中度は前年の35.3%から35.5%に上昇した。上位100大・1000大企業の集中度もそれぞれ64.2%、83.6%になった。

産業別の輸出額は鉱業・製造業の輸出額が5457億ドルで前年比26.0%増えた。これは半導体など電気・電子(25.6%)と石油化学(37.4%)などの輸出額が増えた影響だ。卸・小売業(749億ドル)の輸出額も25.6%増加した。財別の輸出額は情報技術(IT)部品など資本財を中心に増加した。

輸出強度(売上高に対する輸出額の比率)が50%以上の企業は2020年基準で2万5954社と、前年比0.2%増えた。

一方、輸入企業は20万9639社と、前年比5.4%増加した。輸入額は6060億ドルで前年比31.7%増となり、過去最高となった。財別には原材料の輸入額が大幅に増えた。原材料輸入額の増加幅は大企業が55.4%で、中小企業(27.7%)よりも大きかった。

上位10大企業の輸入貿易集中度は28.9%と、前年(26.7%)より上昇した。

統計庁の関係者は「輸出企業の大半を占める中小企業のうち比率が高い卸・小売業種を中心に新規進入企業が減り、全体の輸出企業数が減少した」と分析した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP