주요 기사 바로가기

<駐韓EU大使インタビュー>「大変だが自由には代償がつきもの…韓国、国際秩序の保護に努力を」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.24 15:19
0
2月24日にウクライナを侵攻したロシアの暴走は第2次世界大戦以降の欧州の最大軍事危機を招いただけでなく、世界の秩序を揺るがしている。米国と欧州国家が団結して対ロシア制裁とウクライナ支援に動き、中立国のフィンランド・スウェーデンの北大西洋条約機構(NATO)加盟も現実化した。ウクライナ戦争80日目を迎え、この戦争の意味と解決策を探り、韓国と欧州の安全保障・経済協力を模索するため、駐韓欧州大使4人に順にインタビューを行った。▼コリン・クルックス英大使▼フィリップ・ルフォール仏大使▼ミハイル・ライフェンシュトゥル独大使▼マリア・カスティーヨ・フェルナンデスEU大使の順に紹介する。

◆駐韓欧州大使連続インタビュー(4) マリア・カスティーヨ・フェルナンデスEU大使

「ロシアに対する欧州連合(EU)次元の強い制裁が続き、欧州人も大きな苦痛を抱えています。しかし、ロシアを孤立させなければならないという欧州の共感はこれまで以上に強い」

13日、ソウル中区(チュング)に位置したEU代表部で会ったフェルナンデス駐韓EU大使は、国際秩序の維持や民主主義価値の守護のためのEUの役割に対して声を高めた。ロシア制裁によるエネルギー価格上昇などに対しても「自由には代償が伴うもの」としながら「欧州だけでなく国際社会が苦痛を分担してロシアの不当な侵攻を糾弾している」と説明した。韓国政府に対しては「国際秩序の守護のために役割と責任実行にもう少し積極的に出るべきだ」と話した。

--EU次元の対ロシア制裁が続いて欧州人も苦痛を味わっている。

「私の故郷であるスペインでも最近電気料金が5~6倍跳ね上がった。新型コロナや気候変化などですでに厳しい状況だったが、戦争が追い打ちをかけて混乱が深まった。だが、これは欧州だけの苦痛ではない。地理的距離はあるが、韓国も今回の戦争余波で食料品価格が上昇し、物流やサプライチェーン(供給網)支障などの困難を経験しているではないか。ビジネス業界が支払う代償も大きい。だが、国際秩序をかく乱させようとするロシアの意図を押しのけるために世界が苦痛の分担を始めた。このような連帯は戦争拡大を防ぐためにも不可欠だ。モルドバ・ジョージアなどソ連分離独立国も(侵攻の)危険にさらされ、ポーランドやフィンランドに対する(ロシアの)脅威も高まっている。戦争を防止するためにロシアを国際的に徹底して孤立させなければならず、これによる苦痛は『自由を享受するための代償』だと考える」 <駐韓EU大使インタビュー>「大変だが自由には代償がつきもの…韓国、国際秩序の保護に努力を」(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <駐韓EU大使インタビュー>「大変だが自由には代償がつきもの…韓国、国際秩序の保護に努力を」(1)

    2022.05.24 15:19
    뉴스 메뉴 보기
    マリア・カスティーヨ・フェルナンデス駐韓欧州連合(EU)大使が13日午後、ソウル中区(チュング)ソウルスクエア事務室で中央日報とのインタビューに応じている。キム・ギョンロク記者
    TOP