주요 기사 바로가기

北朝鮮、新型コロナ発生12日ぶりに「死亡者0人達成」を主張

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.24 09:51
0
北朝鮮は24日、新型コロナウイルス発生から12日ぶりに死亡者0人を達成したと主張した。

朝鮮中央通信はこの日、「国家非常防疫司令部の通報によると、5月22日18時から23日18時まで全国的に13万4510人余り(前日比3万3130人余り減少)の発熱患者が新たに発生し、21万3680人余り(前日比5万3950人余り減少)が全快したし、死者はいない」と報道した。

北朝鮮が主張する累積死亡者は68人で致死率は0.002%だ。

北朝鮮は12日に6人が死亡したと発表したのに続き毎日死亡者が発生したと明らかにした。死亡者が出なかったのは今回が初めてだ。

北朝鮮はまた、現在治療中の患者が40万人台まで減ったと主張した。

朝鮮中央通信は「4月末から5月23日18時現在、全国的な発熱患者は累計294万8900人余りであり、86.425%に当たる254万8590人余りが全快したし、13.573%に当たる40万230人余りが治療を受けている」とこの日明らかにした。

これに対し同通信は「最大非常防疫システムの稼働後、わずか数日目に全国的な発病率と死亡率が著しく減少し、全快者が増えるなど、伝染病拡散状況が効果的に抑止、管理され、はっきりした安定の形勢が持続している」と自評した。

また、「全国的範囲で発熱患者と全快者を対象に潜伏期、臨床症状、再発率、薬物反応状態、重症化率、病気の経過期日など疫学的・臨床学的特性をより具体的に究明するための再調査が深化している」と伝えた。

その上で「発熱患者の年齢、職業、体質、慢性疾病関係などによる段階別治療方案を絶えず補完しており、各種の検査試薬と治療薬物の開発と生産を急いでいる」と紹介した。

これに伴い、全国の高麗薬(漢方薬)工場で五味子シロップ剤や葛の根を使った錠剤などを大量生産しており、平壌(ピョンヤン)製薬工場、順川(スンチョン)製薬工場、新義州(シンウィジュ)製薬工場、南浦(ナムポ)子ども薬工場なども常備薬生産を拡大したと伝えた。

新型コロナウイルス治療剤であるパクスロビドがないだけに対症療法に必要な解熱剤、せき止め薬などの生産を増やしたという意味と解釈される。

北朝鮮は新型コロナウイルス統制に自信を見せ、韓国統一部の防疫協力に向けた実務接触提案に1週間以上応じずにいる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮、新型コロナ発生12日ぶりに「死亡者0人達成」を主張

    2022.05.24 09:51
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮の国旗 平壌写真共同取材団
    TOP