주요 기사 바로가기

バイデン氏の台湾発言が大きな波紋…中国務院「そのうち火傷する」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.24 08:54
0
台湾侵攻状況で軍事介入の可能性を示唆した米国のジョー・バイデン大統領の発言に中国が直ちに反発した。

中国国務院台湾弁公室は23日(現地時間)、台湾問題に関連して米国が火遊びをしていると明らかにしたと、国営新華通信が伝えた。

国務院台湾弁公室の朱鳳蓮報道官はこの日、米国が中国を封じ込めようと「台湾カード」で火遊びをして、そのうち火傷をすることになるだろうと激しい語調で反応した。

朱報道官はあわせて「一つの中国原則」が米中関係の政治的土台だとし、米国がこの原則と3大コミュニケに背くいかなる発言や行動もやめなければならないと力説した。「一つの中国原則」は中国政府を唯一の合法政府として、台湾を中国の一部と規定する内容が骨子となっている。

これに先立ち、バイデン大統領はこの日の日米首脳会談後の記者会見で、中国が台湾を侵攻する場合、米国が台湾防御のために軍事介入することができると明らかにした。

米国では当局者が相次いでバイデン大統領発言の火消しに追われた。ロイド・オースティン国防長官はこの日、ウクライナ国防協議体会議後の記者会見で「我々の『一つの中国政策』には変化はない」と答えた。

一つの中国政策は1979年台湾関係法によって商業・文化などにおける台湾との関係を続けるなど、西太平洋地域の平和と安保、安定を維持するという内容だ。平和な手段以外の方法で台湾の未来を決めようとする試みは脅威と見なし、台湾に対する防御武器提供の根拠も提供している。

オースティン長官は「バイデン大統領はその政策(一つの中国)と台湾海峡の平和・安定に対する我々の約束を繰り返したもの」と説明した。続いて「バイデン大統領はまた、台湾関係法により台湾に自己防衛手段を提供するという我々の約束を強調した」と述べた。

この日の会見で、台湾侵攻が起きた場合、米国兵力が軍事対応に介入するのかどうかに対する質問もあったが、オースティン長官はこれに対し改めて「大統領は政策が変わっていないという事実を明確にした」と繰り返し述べた。

CNNなどによると、ホワイトハウス当局者もこの日のバイデン大統領の発言を巡り「我々の『一つの中国政策』と台湾海峡の平和と安定に対する我々の約束を繰り返した」と説明するなど発言の火消しを試みた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP