주요 기사 바로가기

ウクライナ、初の戦犯裁判…民間人殺害の露兵士に「終身刑」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.24 08:28
0
ウクライナで開始された初めての戦争犯罪裁判で裁判所が非武装民間人を殺害したロシア兵士に終身刑を言い渡したとロイター通信などが23日(現地時間)、報じた。

この日、ウクライナ裁判所は2月28日ウクライナ北東部スーミ州チュパヒウカ村で自転車に乗っていた62歳の男性に発砲して死亡に至らせた疑惑で裁判に付託されたロシア電車師団所属のワジム・シシマリン軍曹(21)に終身刑を言い渡たした。

シシマリン氏はこの日、裁判所に用意された強化ガラスボックスで有罪評決の読み上げを見守りながら、頭を下げて通訳者の話を聞いていたとロイターは伝えた。

裁判所は判決でシシマリン氏が自動小銃で被害者の頭に向かって数発の銃撃を加えたと明らかにした。ただ、また、上級者の指示に従ったと主張した。

18日開催された初公判で疑惑を認めた彼は翌日開かれた2回目の公判では法廷に出た被害者夫人に自身の誤りを許してほしいと願ったとロイターは伝えた。

ロイターは先週始まったこの裁判はウクライナにとって象徴的な意味が大きいとし、今後続く戦犯裁判の初事例になる可能性があると伝えた。

ウクライナはロシアがウクライナを侵攻してから犯した戦争犯罪が1万件以上にのぼると推算した。しかし、被告人が逮捕された場合はごく少数であり、欠席裁判ができる被告人特定も数百件に過ぎない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP