주요 기사 바로가기

尹大統領「中国、IPEFへの敏感な反応は合理的でない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.05.24 07:45
0
韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が23日、北朝鮮の核実験挑発に関連し「北の反応を意識した過度に融和的な政策は結果的に失敗したことが証明された」と明らかにした。

尹大統領はこの日午後に公開されたCNNのインタビューで「一時的に挑発と対決を避ける政策をしてはいけない」とし、このように述べた。続いて「我々がやるべきことは、ただ一時的に北の挑発や葛藤から抜け出すことではない」とし「対話再開のボールは金正恩(キム・ジョンウン)委員長が持っている」と話した。

尹大統領は文在寅(ムン・ジェイン)政権の対北朝鮮政策を非難し、「過去5年間のこうした接近方式は失敗したということが立証された」と強調した。ただ、「北が滅びるようにする考えは全くなく、北が大韓民国と共に繁栄していくことを望む」と語った。

尹大統領は「核武装を強化しても平和と繁栄に役立つとは思わない。また、北が現在のような状態を長期的に持続できるかも疑問だ」と指摘した。

「北が7回目の核実験を実施する場合、どう対処するのか」という質問には、「現政府の対処は以前の政府と異なるだろう。北のいかなる脅威や挑発行為にも強力で断固たる対処をし、北の挑発を阻止する」という立場を明らかにした。

また韓国が米国主導のインド太平洋経済フレームワーク(IPEF)に参加して中国の反発を招くことに関し「我々が安全保障や技術問題において韓米同盟を強化するからといって、決して中国との経済協力を軽視するというのではない」とし「(中国が)あまりにも敏感になるのは合理的でない」と主張した。

尹大統領はバイデン米大統領から贈られたトルーマン元米大統領の卓上ネームプレートを見せながら「バイデン大統領は私がこの言葉(The Buck Stops Here、私が全責任を取る)を好むことをどのように知ったのか分からない」と話した。

韓米連合訓練の正常化について、尹大統領は「準備態勢のための最も基本的な義務」としながらも、拡張抑止に関連する米戦術核の韓半島(朝鮮半島)再配備については一線を画したと、米CNNは伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    尹大統領「中国、IPEFへの敏感な反応は合理的でない」

    2022.05.24 07:45
    뉴스 메뉴 보기
    23日午前、龍山(ヨンサン)大統領室に出勤し、取材陣の質問に答える尹錫悦大統領。 [大統領室写真記者団]
    TOP