주요 기사 바로가기

【米大統領訪韓】サムスン半導体工場で最初に会った両国大統領

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2022.05.21 09:14
0
尹錫悦(ユン・ソクヨル)韓国大統領とバイデン米大統領が20日、世界最大規模の半導体生産基地、平沢(ピョンテク)サムスン電子半導体工場で会った。バイデン大統領の最初の訪韓であり、尹大統領は就任から11日目に米国大統領に会った。特にバイデン大統領が訪韓日程の最初に半導体工場を選択したのは、米国と中国のグローバル競争構図のなか韓米経済協力を強化して対中優位を固める狙いがあるという分析だ。

2泊3日の日程で訪韓したバイデン大統領はこの日午後5時20分ごろ、専用機「エアフォースワン」に乗って烏山(オサン)米空軍基地に到着した後、直ちに半導体工場に向かった。先に到着していた尹大統領がバイデン大統領を出迎え、両首脳は22秒間、手を握ったまま言葉を交わした。その後、両首脳は李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長らの案内で22分間ほど半導体工場を見回った。

尹大統領は歓迎演説で「バイデン大統領の平沢キャンパス訪問は、半導体が持つ経済・安保的な意味はもちろん、半導体を通じた『グローバル包括的戦略同盟』の意味を再確認する良い機会」と述べた。さらに1974年に韓米が共同で設立した韓国半導体など両国の長い半導体協力に言及した後、「韓米関係が先端技術とサプライチェーン協力による経済安保同盟に新たに進むことを希望する」と明らかにした。

バイデン大統領も演説で「サプライチェーンが確保されてこそ、経済的安保が我々と価値を共有しない国によって左右されない」とし「韓国のように我々と価値を共有する国と協力し、サプライチェーン回復力を強化することが重要だ」と述べた。続いて「今回のアジア歴訪の最初に韓国を訪問することになったが、世界の未来の多くの部分が今後数十年間ここインド太平洋地域で進行するはず」とし「躍動的な民主国家の韓国はもうグローバル革新の動力になっている」と話した。バイデン大統領は「訪韓中は尹大統領と多くの議論をし、今後も議論を続けていく」とし「韓米同盟は域内および世界の平和と安全・繁栄の中心軸だ」と強調した。

王允鍾(ワン・ユンジョン)国家安保室経済安保秘書官と米国家安全保障会議(NSC)のチャブラ上級部長(技術・国家安全保障担当)もこの日、大統領室と米ホワイトハウスの間で経済安保懸案を議論する常設対話チャンネルを構築することで合意した。両首脳は21日、龍山(ヨンサン)大統領室庁舎で韓米首脳会談を行う。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【米大統領訪韓】サムスン半導体工場で最初に会った両国大統領

    2022.05.21 09:14
    뉴스 메뉴 보기
    就任後初めて訪韓したバイデン米大統領が20日午後、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領と京畿道平沢市のサムスン電子半導体工場を訪問し、李在鎔(イ・ジェヨン)副会長の案内を受けて工場を視察した。 [写真 大統領室写真記者団]
    TOP